Home > 米国株式市況 > 米国株、もみ合い―FOMC後の声明受け一時上げ幅拡大も

米国株、もみ合い―FOMC後の声明受け一時上げ幅拡大も

NYDOW
終値:13422.28 前日比:-5.45
始値:13427.48 高値:13498.29 安値:13389.28

Nasdaq
終値:2608.37 前日比:3.02
始値:2606.80 高値:2624.60 安値:2604.60

S&P500
終値:1505.71 前日比:-0.63
始値:1506.32 高値:1514.84 安値:1503.41

米30年国債 5.202% 米10年国債 5.103%
「シカゴ日経平均先物(CME)」(28日)
SEP07
O 17965(Globex 合算)
H 18070
L 17960
C 17990 大証比+20
Vol 6659

 28日の米株式相場はもみ合い。ダウ工業株30種平均は小反落し、前日比5ドル45セント安の1万3422ドル28セントで終えた。ナスダック総合株価指数は小幅続伸し、同3.02ポイント高の2608.37で終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明を受けて株価は一時上げ幅を広げたが、金利高や原油高などが上値を抑えた。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は午後4時までの通常取引で15億株(速報値)。ナスダック市場は20億1229万株(同)だった。
 午後発表のFOMC声明を控え、朝方はもみ合った。午前8時半に米商務省が発表した1―3月期の実質国内総生産(GDP)確報値は前期比年率0.7%増と、改定値から0.1ポイント上方修正された。ただ、内訳の物価指標も上方修正されたことが嫌気された。
 その後、原油先物相場が1バレル70ドル台に上昇して推移したことから、エネルギー株を中心に上げ幅を広げた。アナリストがインテルやシスコシステムズの投資判断を引き上げたことから、ハイテク株も全般に堅調に推移した。
 午後2時15分ごろに米連邦準備理事会(FRB)は、FOMCで政策金利の据え置きを決定したと発表。公表した声明文では景気認識を若干上方修正する一方、物価上昇率がやや改善したと指摘した。これを受けて、株価はやや上げ幅を広げる場面がった。
 ただ、長短金利の上昇や原油高が重しとなり、株価は取引終了にかけて伸び悩んだ。原油価格が70ドル割れで取引を終えたことから、エネルギー株にも利益確定売りが出た。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/796-713f45a2
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、もみ合い―FOMC後の声明受け一時上げ幅拡大も from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、もみ合い―FOMC後の声明受け一時上げ幅拡大も

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ