Home > 投資部門別売買動向 > 外国人3週連続買い越し―個人は売りに転じる・5月4週

外国人3週連続買い越し―個人は売りに転じる・5月4週

外国人売買動向 東京証券取引所が31日発表した5月第4週(21―25日)の投資部門別売買動向(東京・大阪・名古屋3市場、1・2部と新興企業向け市場合計)によると、外国人が3週連続で買い越した。買越額は3423億円と、4月第3週(5157億円)以来の高水準だった。この週の日経平均株価は週間で81円上昇。週初の2日間は連続して100円超上げており、米株高を背景に日本株にも資金を投入した外国人投資家が多かったようだ。市場では、「日中のバスケット取引などで、優良株を中心にアジアから資金が入っていた」(野村証券の藤田貴一ストラテジスト)との指摘が聞かれた。
 一方、個人は2週ぶりに売り越しに転じた。売越額は1879億円で、この週最大の売り主体となった。週初3日間の相場上昇局面で、個人は利益確定売りを出したとみられる。
 信託銀行も売り越しが続いている。売越額は1110億円で、売り越しは4週連続。信託銀行は、4月以降の日経平均のボックス相場の高値圏である1万7800円台が接近すると、運用比率の調整のために売りを出す傾向が強いと言われている。23日には一時1万7800円台を回復する場面もあったことから、「調整売りが出た」(国内証券のストラテジスト)との声が聞かれた。
 証券会社の自己売買部門は4週連続で売り越し。売越額は前の週の330億円から956億円に増加した。この週は裁定取引に伴う現物株の買い残高(期近・期先合計)が減少している。週末25日には株価指数先物が主導して相場が急落する場面もあり、割安な先物を買い戻して割高な現物株を売る動きが活発化したようだ。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/681-3db8cbc1
Listed below are links to weblogs that reference
外国人3週連続買い越し―個人は売りに転じる・5月4週 from 株式市場と経済ニュース

Home > 投資部門別売買動向 > 外国人3週連続買い越し―個人は売りに転じる・5月4週

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ