Home > 株式市場ニュース > 中国が株取引の印紙税率を0.3%に引き上げ

中国が株取引の印紙税率を0.3%に引き上げ

 中国当局は、株式取引の印紙税率を現行の0.1%から0.3%に引き上げることを決定した。30日から実施する。同省が新華社を通じて発表したもので、過熱相場の抑制に向けた措置とみられている。
 中国財政省の発表を新華社が伝えた。
 中国株式市場では上海総合指数が年初来62%値上がりしており、5月も連日の最高値更新となっている。同指数は、昨年1年間で130%急騰した。今回の決定は、相場の過熱に対する政府の深い懸念を示している。
 新華社は「財政省当局者は、国務院(内閣)が承認した印紙税率引き上げについて、証券市場の健全な発展を促すものだと説明した」と伝えた。
 中国の株式取引の印紙税率引き上げ発表は、29日の米国株式市場を圧迫し、上値を抑えた。
 ニューヨークで取引されている中国企業の米国預託証券も、発表を受けて下落した。
 過去16年間の中国株式市場の歴史上、印紙税引き上げを受けた相場は、数週間の低迷あるいは堅調相場の終息につながっている。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/671-0b7860c8
Listed below are links to weblogs that reference
中国が株取引の印紙税率を0.3%に引き上げ from 株式市場と経済ニュース

Home > 株式市場ニュース > 中国が株取引の印紙税率を0.3%に引き上げ

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ