Home > 東証一部大引けの値 > 大引け・4日ぶりに小反落――大型株指数は4日続伸

大引け・4日ぶりに小反落――大型株指数は4日続伸

日経平均 17,696.97 -8.15 -0.05%
TOPIX 1,738.11 -1.97 -0.11%

値上がり数:  573銘柄
値下がり数: 1,024銘柄
変わらず数:  129銘柄

出来高  : 18億9545万株 (前日比 -13.2%)
売買代金:  2兆8270億円 (前日比 -14.6%)

値上がり業種: 石油・石炭製品 卸売業 輸送用機器
値下がり業種: 保険業 海運業 鉱業

騰落レシオ(25日): 85.69% (前日比 -5.18)

NT倍率: 10.18 (前日 10.17)
 24日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに小幅反落。終値は前日比8円15銭(0.05%)安の1万7696円97銭だった。前日大引けにかけての上値の重さに加えて、上海総合指数が下落したことが警戒された。グリーンスパン前米連邦準備理事会(FRB)議長が23日に中国株の下落リスクを指摘したことから中国株式相場が注目され、上海総合指数の動きを意識した動きとなった。東証株価指数(TOPIX)も4営業日ぶりに下落した。一方、東証規模別指数「大型」は4日続伸、「中型」「小型」は下落した。
 グリーンスパン前FRB議長は23日、マドリードの会議に電話を使って参加し、「中国株はいずれ劇的な収縮が起きる」と指摘したことで朝方から中国株を見極めたいとする参加者が多かった。中国株式市場が始まると上海総合指数を意識した日経平均の動きが続き、上昇と下落を繰り返した。ノンバンクや保険株など金融株の一角が軟調。半面、自動車やハイテク株の一角が相場を支えた。
 東証1部の売買代金は概算で2兆8270億円で、売買高は18億9545万株。値下がり銘柄数は1024、値上がりは573、変わらずは129銘柄だった。
 業種別TOPIX(全33業種)は、「保険」や「海運」「鉱業」など24業種が下落。一方、「石油製品」や「卸売」などが上昇した。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/647-f8348cdc
Listed below are links to weblogs that reference
大引け・4日ぶりに小反落――大型株指数は4日続伸 from 株式市場と経済ニュース

Home > 東証一部大引けの値 > 大引け・4日ぶりに小反落――大型株指数は4日続伸

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ