Home > 黒岩の眼 朝刊 > 「もみ合いスタートか、機械受注に注目」

「もみ合いスタートか、機械受注に注目」

 昨日の米国株式相場は高安まちまち。ダウ工業株30種平均は20.56ドル高の13346.78ドル、ナスダック総合指数は15.78ポイント安の 2546.44ポイントとなった。クライスラー売却合意報道で自動車株が上昇したものの、消費者物価指数などの重要経済指標発表を控え警戒感の強い相場展開。ダウは一時最高値を更新したものの、ナスダック総合指数は反落となった。また、シカゴ日経平均先物(CME)は17690円。大証終値と比べて20円安の水準で取引を終了している。従って本日の東京株式相場は米国株式相場が方向感に乏しかったことから、もみ合い相場からのスタートを想定。前日比変わらず近辺からの滑り出しになると思われる。
 昨日の日経平均はローソク足で上ひげが出現しており、買い一巡後の上値の重さを示唆。下方には小さな窓が空いており、一時的にこの窓を埋める展開も考えられそうだ。本日は寄り付き前に機械受注の発表が予定されており、事前予想の「前月比1.5%増」を基準に市場の評価が分かれそう。もし、下ブレする展開となれば、一時的に下方の窓を埋める形となりそうだ。
 しかし、「窓理論」においては、昨日の上昇で窓を空けており、相場が強気転換したことを示唆。アイランド・リバーサルの形も出現しており、先週末の下落が「ダマシ」であった可能性を示唆している。今、投資家として最も重要なのは、大きなトレンドを見誤ること。日足チャート上方に大きな窓(18000円付近)が空いている状況下では、この窓が株価を強く引き寄せる可能性があり、売りポジションを維持したまま、踏み上げられる展開だけは絶対に避けなければならない。現在は買いポジションをとり、リスクは最小限に抑えるべきであろう。下落が顕著となってきた新興市場銘柄を避け、国際優良株の一角で全体相場の水準訂正を待つ場面と言えそうだ。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/600-3de61477
Listed below are links to weblogs that reference
「もみ合いスタートか、機械受注に注目」 from 株式市場と経済ニュース

Home > 黒岩の眼 朝刊 > 「もみ合いスタートか、機械受注に注目」

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ