Home > 米国株式市況 > 米国株、ダウ3日連続最高値―ナスダックは01年以来高値

米国株、ダウ3日連続最高値―ナスダックは01年以来高値

                   (カッコ内は前営業日比)
ダウ工業株30種(ドル)
     終値(非公式)    13241.38(+29.50)
   前営業日終値    13211.88(+75.74)
ナスダック総合
     終値(非公式)    2565.46(+7.62)
   前営業日終値   2557.84(+26.31)
S&P総合500種指数
     終値(非公式)    1502.39(+6.47)
   前営業日終値     1495.92(+9.62)
 3日の米株式相場は3日続伸。ダウ工業株30種平均は前日比29ドル50セント高の1万3241ドル38セントと3日連続で過去最高値を更新した。ナスダック総合株価指数は同7.62ポイント高の2565.46と2001年2月7日以来の高値で終えた。米景気の底堅さとインフレ圧力の落ち着きを示す経済指標を受けて、買いが優勢となった。
 S&P500種株価指数は6.47ポイント高の1502.39と00年9月7日以来、約6年8カ月ぶりに 1500台に乗せた。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は午後4時までの通常取引(速報)で約15億9000万株。ナスダック市場(速報)は約 21億5000万株だった。
 朝方は小動きだった。週間の新規失業保険申請件数が市場予想に反して減少。1―3月期の労働生産性(非農業部門)が前期比1.7%増と市場予想を上回り、単位労働コストは0.6%増にとどまった。米景気の不透明感がやや和らぎ、買いが入った。ただ、早朝に発表した 1―3月期決算が大幅減益となり一株利益が市場予想を下回ったゼネラル・モーターズ(GM)が大幅安となり、重しとなった。
 午前10時に発表された4月のサプライマネジメント協会(ISM)非製造業景気指数は56.0と前月から上昇し、市場予想(53.5)も上回った。1日発表の同月のISM製造業景気指数に続き予想以上に好調だったことで、買い安心感が広がった。ベライゾン・コミュニケーションズやエクソンモービルなど通信株や石油関連株が堅調で、相場を支えた。
 ただ、上値を買い進む動きは限られた。主な株価指数が高値圏にあり、利益確定売りが出やすかった。4日発表の4月の米雇用統計を見極めたいとする市場参加者も多かった。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/558-747312d5
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、ダウ3日連続最高値―ナスダックは01年以来高値 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、ダウ3日連続最高値―ナスダックは01年以来高値

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ