Home > 米国株式市況 > 米国株、4日続伸―ダウ・ナスダック続伸、堅調な企業決算が支援

米国株、4日続伸―ダウ・ナスダック続伸、堅調な企業決算が支援

                   (カッコ内は前営業日比)
ダウ工業株30種(ドル)
     終値         13120.94(+ 15.44)
   前営業日終値    13105.50(+ 15.61)
ナスダック総合
     終値         2557.21(+ 2.75)
   前営業日終値    2554.46(+ 6.57)
S&P総合500種指数
     終値         1494.07(‐ 0.18)
   前営業日終値    1494.25(‐ 1.17)
 27日の米株式相場は小幅に4日続伸。ダウ工業株30種平均は前日比15ドル44セント高の1万3120ドル94セントと3日連続で過去最高値を更新した。ナスダック総合株価指数は同2.75ポイント高の2557.21と2001年2月8日以来の高値で終えた。市場予想を上回る決算を発表したマイクロソフトなど大型株を中心に買いが入った。
 一方、S&P500種株価指数は小幅続落。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は午後4時までの通常取引(速報)で約15億株。ナスダック市場(速報)は約21億4000万株だった。
 朝方は小動きだった。米商務省が発表した1―3月期の実質国内総生産(GDP)速報値は前期比年率1.3%増と伸び率は4年ぶりの低水準となった。市場予想(1.8%増)も下回り、相場の重しとなった。一方、前日夕に発表した1―3月期決算が市場予想を上回ったマイクロソフトが大幅高となるなど、企業の好決算が相場を支えた。
 シティグループがリポートで「低迷する株価打開のため、メディア部門など一部事業の分離・独立を進めるべき」と指摘したゼネラル・エレクトリック(GE)など強材料の出た大型株に買いが入った。ダウ平均は午後に42ドル高まで上昇する場面もあった。
 一方、S&P500種株価指数やナスダック指数は前日終値付近でもみ合った。好決算が買いを誘う一方、利益確定売りも出た。住宅株や証券会社が投資判断を引き下げた航空株の下げが目立った。前日夕に決算を発表したサンディスクなど半導体株の一部も軟調だった。フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)は1.5%下げた。業種別S&P500種株価指数は全十種のうち、「一般産業」と「IT(情報技術)」を除く八種が下落。
 4月の米消費者態度指数確報値(ミシガン大学調べ)は速報値から上方修正され市場予想も上回ったが、相場の反応は限定的だった。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/543-4c58acfa
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、4日続伸―ダウ・ナスダック続伸、堅調な企業決算が支援 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、4日続伸―ダウ・ナスダック続伸、堅調な企業決算が支援

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ