Home > 株式市場ニュース > 3月鉱工業生産速報は前月比‐0.6%、半導体製造装置など低下

3月鉱工業生産速報は前月比‐0.6%、半導体製造装置など低下

 経済産業省が発表した3月の鉱工業生産指数速報(2000年=100、季節調整済み)は107.2で、前月比0.6%低下となった。低下は2カ月ぶり。ロイターの事前予測調査では前月比1.1%上昇が予想されていた。発表された数字は予想を下回った。
 生産下落には、半導体製造装置などの一般機械、半導体・IC測定器などの電気機械、金属製品などが寄与した。
 3月の鉱工業出荷指数は前月比1.5%低下、在庫指数は0.5%低下だった。
 製造工業生産予測指数は、4月が前月比1.5%上昇、5月が1.4%上昇の見通しとなった。4月の上昇に寄与するのは一般機械、電気機械など、5月の上昇に寄与するのは輸送機械、電子部品・デバイスなど。
 経済産業省は生産の基調判断を「緩やかな上昇傾向にある」で据え置いた。
 同時に発表された1─3月期の鉱工業生産は前期比マイナス1.4%となり、6四半期ぶりに低下した。2006年度の鉱工業生産は前年度比プラス4.7%で、前年度のプラス1.6%から伸びを高めた。
 1─3月期消費、設備投資の動きを予想する上で注目が高い資本財、耐久消費財、非耐久消費財の出荷は、それぞれ前期比3.4%減、0.3%増、0.1%減となった。
 カブドットコム証券のマーケットアナリスト、山田勉氏は「事前予想を下回ったので売りから始まったが、これでファンダメンタルズに対する見方が弱気になるわけではない。4月と5月の製造工業生産予測はそれぞれ前月比プラスになっていることからも、売られた後に戻るのではないか」と指摘。その上で「ただ、連休を前に、発表の数字を受けて様子見姿勢がより強まる」との見方を示した。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/540-2261bc3a
Listed below are links to weblogs that reference
3月鉱工業生産速報は前月比‐0.6%、半導体製造装置など低下 from 株式市場と経済ニュース

Home > 株式市場ニュース > 3月鉱工業生産速報は前月比‐0.6%、半導体製造装置など低下

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ