Home > 米国株式市況 > 米国株、大幅続伸―ダウ1万3000ドル台、決算好感した買い続く

米国株、大幅続伸―ダウ1万3000ドル台、決算好感した買い続く

                   (カッコ内は前営業日比)
ダウ工業株30種(ドル)
     終値         13089.89(+135.95)
   前営業日終値    12953.94(+ 34.54)
ナスダック総合
     終値         2547.89(+23.35)
   前営業日終値    2524.54(+0.87)
S&P総合500種指数
     終値         1495.42(+15.01)
   前営業日終値    1480.41(‐0.52)
 25日の米株式相場は大幅続伸。ダウ工業株30種平均は前日比135ドル95セント高の1万3089ドル89セントと、初めて1万3000ドルの大台に乗せた。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は同23.35ポイント高の2547.89と、2001年2月15日以来の高値で終えた。市場予想を上回る企業決算の発表が続いていることなどを好感し、株式市場への資金流入が続いた。
 S&P500種株価指数は15.01ポイント高の1495.42と、2000年9月7日以来の高値。ダウ運輸株平均やダウ公益株平均なども過去最高値を付けた。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は午後4時までの通常取引(速報)で約16億8200万株。ナスダック市場(同)は約27億3400万株。
 買いが先行した。前日夕の好決算を受けてアマゾン・ドット・コムが急伸。朝方発表した決算が市場予想を上回った航空機大手ボーイングや清涼飲料大手ペプシコが上昇。一株利益が市場予想と一致した小口貨物大手UPSなどにも買いが入った。
 朝方発表された3月の耐久財受注額が市場予想を上回ったことに加えて、民間設備投資の先行指標となる国防・航空機を除く資本財の受注額が3カ月ぶりに増加したことも好感された。
 午前10時に発表された3月の新築住宅販売件数が85万8000戸と市場予想を下回ったことなどを受け、株価はやや伸び悩む場面もあった。
 午後に米連邦準備理事会(FRB)が地区連銀経済報告(ベージュブック)を発表。前回と比べて景気判断に特に大きな変化がなかったことが安心感につながり、主な株価指数は取引終了にかけ一段高となった。
 業種別S&P500種株価指数(全十業種)では、全十業種が上昇。ダウ平均構成銘柄では29銘柄が上昇した。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/528-b0383f75
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、大幅続伸―ダウ1万3000ドル台、決算好感した買い続く from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、大幅続伸―ダウ1万3000ドル台、決算好感した買い続く

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ