Home > 米国株式市況 > 米国株、反発――好決算・原油安も1万3000ドルには届かず

米国株、反発――好決算・原油安も1万3000ドルには届かず

                   (カッコ内は前営業日比)
ダウ工業株30種(ドル)
     終値         12953.94(+34.54)
   前営業日終値    12919.40(‐42.58)
ナスダック総合
     終値         2524.54(+0.87)
   前営業日終値    2523.67(‐2.72)
S&P総合500種指数
     終値         1480.41(‐0.52)
   前営業日終値    1480.93(‐3.42)
 24日の米株式相場は反発。ダウ工業株30種平均は前日比34ドル54セント高の1万2953ドル94セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は0.87ポイント高の2524.54で終えた。原油先物相場が下落したうえ、前日夕発表のテキサス・インスツルメンツ(TI)の1―3月期決算が予想を上回ったことなどが好感された。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約16億5000万株(速報値)、ナスダック市場は約23億3000万株(同)。S&P500種株価指数は同0.52ポイント安い1480.41だった。業種別S&P500種株価指数では情報技術や公益などが上昇、通信やエネルギー、素材などの下げが目立った。
 朝方は買いが先行した。午前10時発表の3月中古住宅販売件数や4月の消費者信頼感指数が予想を下回り、やや売りが優勢になった。午後にダウ平均は一時1万3000ドルまであと約10ドルまで上昇したが、1万3000ドルには届かなかった。
 朝方に予想を上回る1―3月期決算を発表したデュポンが上昇。前週に好決算を発表したハネウエルが3%超上げたほか、増配と自社株買いの計画を発表したIBMも3%を超す上昇率となり、ダウ指数を押し上げた。ただダウ平均構成銘柄では上昇が14銘柄だったのに対し、下落が16銘柄と下げ銘柄の方が多かった。
 ハイテクではTIが7%超と急伸した。アナリストが投資判断を引き上げたサンディスクも4%超と大幅高。両銘柄を含むフィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)の上昇率は3%を超えた。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/522-acc846f8
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、反発――好決算・原油安も1万3000ドルには届かず from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市況 > 米国株、反発――好決算・原油安も1万3000ドルには届かず

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ