Home > スポンサー広告 > 取引所Mt.Gox(マウントゴックス)が倒産して注目される、仮想通貨ビットコインの仕組み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Home > スポンサー広告 > 取引所Mt.Gox(マウントゴックス)が倒産して注目される、仮想通貨ビットコインの仕組み

Home > 経済証券用語解説 > 取引所Mt.Gox(マウントゴックス)が倒産して注目される、仮想通貨ビットコインの仕組み

取引所Mt.Gox(マウントゴックス)が倒産して注目される、仮想通貨ビットコインの仕組み

仮想通貨ビットコイン 世界最大のビットコイン取引所であるMt.Gox(マウントゴックス)が倒産し、注目を浴びる仮想通貨ビットコインだが、ビットコインとはどんなものでどんな仕組みで発行されているのか解説する。
 仮想通貨ビットコインは2009年頃、サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)と名乗る日本人と思われる男性が発表した論文を元に作られた。ビットコインを手に入れるには、ビットコインの売買を仲介する取引所に専用口座を開設し、ネット上で購入するのが一般的。取引所に開設した専用口座にお金を振り込むと、専用口座にあるお金の範囲内でビットコインを購入できる。ビットコインの価格は日々変動するので、時価でしか購入できない。
 ビットコインは専用口座かウォレットと呼ばれる電子サイフで管理され、スマートフォンにウォレット用アプリをダウンロードすることで入出金が出来るようになる。ビットコインで支払いができる店舗は、欧米で数百店舗以上あり、国内でも飲食店など十数店舗で使用できる。

ビットコインの発行・取引の仕組み

 円や米ドルといった通貨には、国による信用の裏付けがあり国の中央銀行が発行量を管理しているが、ビットコインにはそもそも発行者や管理者が存在しない。ビットコインには硬貨や紙幣は存在せず、ネット上のプログラムが発行量を管理しており、高度な暗号技術で複製できないとされている。
 新たにビットコインを発行するには、高度な数列の演習問題をプログラムにより素早く解く必要がある。数列を解くことが、その時間に世界各国で行われているビットコイン取引に関して、二重の支払いや不正がないことをチェックする作業につながるようプログラム設計がされている。新しいビットコインを入手する作業をマイニング(採掘)と呼び、ビットコインの発行量が増えるとプログラムで入手するのが徐々に難しくなるように設定されている。
 発行量の上限は2100万BTC(ビットコイン)に設定され、平均10分ごとに25BTCづつ新たに発行されている。現在約1240万BTCが発行され2140年頃には上限に達する見通し。

ビットコイン取引の仕組み解説


  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Home > 経済証券用語解説 > 取引所Mt.Gox(マウントゴックス)が倒産して注目される、仮想通貨ビットコインの仕組み

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。