Home > 経済証券用語解説 > メザニンファイナンスとは

メザニンファイナンスとは

 メザニンファイナンスとは、株式による資金調達(エクイティファイナンス)とローンや普通社債による資金調達(デットファイナンス)の中間に位置する資金調達方法。メザニンとは英語で「中二階」を意味する。
 主に劣後ローンやハイブリッド証券(劣後債、永久債、優先出資証券、優先株など)の発行による資金調達(ファイナンス)で、普通社債より返済順位が低い。投資家にとっては、社債投資よりも比較的高い利回りを得られ、企業にとっては、メザニンを使うことで既存株主の議決権や普通株主の希薄化を避けられるメリットがある。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Home > 経済証券用語解説 > メザニンファイナンスとは

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ