Home > 株式市場ニュース > ジャスダック上場のインデックス、粉飾決算の容疑で強制捜査

ジャスダック上場のインデックス、粉飾決算の容疑で強制捜査

 ジャスダック上場のインデックス(東京都)は、売上高を水増しして決算を粉飾していた疑いが強まり、金融商品取引法違反(有価証券報告書等の虚偽記載)容疑で証券取引等監視委員会が、同社など関係先数か所へ強制調査に入った。同社は2012年8月期までの数期にわたり、同社や子会社、取引先の会社などの間で、架空の仕入れや販売を繰り返す「循環取引」を行い、売上高を数十億円水増しした有価証券報告書を関東財務局に提出した疑いが持たれている。
 同社は今年に入り、過去の決算を訂正する可能性があると公表。外部の弁護士らで構成する内部調査委員会を設置した。監視委は約2年前から、同社から決算資料の提出を受けるなど、会計の実態を調査していた。
 同社の12年8月期の売上高は183億円で最終黒字は4億4700万円。11年8月期までは5期連続で最終赤字を計上していた。監視委は同社の男性会長が主導して、赤字額を圧縮したり、利益をかさ上げしたりしたウソの有価証券報告書を提出した疑いがあるとみている。

インデックス 粉飾決算

  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Home > 株式市場ニュース > ジャスダック上場のインデックス、粉飾決算の容疑で強制捜査

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ