Home > 東証一部大引けの値 > 大引け・反落――決算待ちで買い続かず、一時1万7500円割れ

大引け・反落――決算待ちで買い続かず、一時1万7500円割れ

日経平均 17,527.45 -100.85 -0.57%
TOPIX 1,716.11 -9.49 -0.55%

値上がり数:  381銘柄
値下がり数: 1,249銘柄
変わらず数:   99銘柄

出来高  : 19億5190万株 (前日比 +8.3%)
売買代金:  2兆8625億円 (前日比 +11.1%)

値上がり業種: 海運業 証券・商品先物取引業 鉱業
値下がり業種: 陸運業 建設業 食料品

騰落レシオ(25日): 86.46% (前日比 -8.19)

NT倍率: 10.21 (前日 10.22)
 17日の東京株式市場で日経平均株価は反落。終値は前日比100円85銭(0.57%)安の1万7527円45銭だった。後場に入り、日経平均先物で大口の売りが出たことや、軟調に推移したアジア株を警戒して売る動きが影響し下げに転じた。東証株価指数(TOPIX)も反落した。
 朝方は16日の米株高や外国為替市場で円相場が1ドル=119円台後半で推移していたことを受けて、上げ幅が100円を超えて始まった。輸出関連株や値がさハイテク株の一角が買われたが、市場では「3月期決算の企業の業績発表まで待ちたい」との声が根強く、次第に伸び悩んだ。後場に入って売りが強まり、一時は1万7500円を割り込んだ。
 業種別TOPIX(全33業種)では28業種が下げた。特に陸運業や建設業の下げが目立った。半面、海運や証券商品先物が上げた。
 東証1部の売買代金は概算で2兆8625億円で、売買高は19億5190万株だった。値下がり銘柄数は1249、値上がりは381、変わらずは99だった。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/488-edc94031
Listed below are links to weblogs that reference
大引け・反落――決算待ちで買い続かず、一時1万7500円割れ from 株式市場と経済ニュース

Home > 東証一部大引けの値 > 大引け・反落――決算待ちで買い続かず、一時1万7500円割れ

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ