Home > 投資部門別売買動向 > 株、外国人3週連続買い越し――個人は売りに転じる・4月1週

株、外国人3週連続買い越し――個人は売りに転じる・4月1週

 東京証券取引所が12日発表した4月第1週(2―6日)の投資部門別売買動向(東京・大阪・名古屋3市場、1・2部と新興企業向け市場合計)によると、外国人が3週連続で買い越した。買越額は4867億円と2月第3週(19―23日、5287億円の買い越し)以来の高水準だった。
 名実ともに4月相場入りしたこの週は、日経平均株価が週初2日に1万7028円と下落したものの、4日には1万7544円まで回復し、その後も1万7500円前後で推移した。大和証券SMBCエクイティ・マーケティング部の山口裕也課長代理は「PER(株価収益率)などから、1万7500円前後より低い水準では外国人の買いが入りやすい」と指摘。外国人買いが相場の押し上げにつながった。
 もっとも、今週(9日以降)に関しては外国人の買いが鈍っているとの見られている。日経平均が1万7500円を超えている上に、「5月、6月にはヘッジファンドの決算があり動きは鈍い。また、2008年3月期の業績見通しが期待通りに好調な内容なのか外国人は慎重に見ている」(日興コーディアル証券エクイティ部の西広市部長)という。
 外国人が買い続ける半面、個人は売り越しに転じた。売越額は3304億円で、4月第3週の4318億円以来の高水準。相場の上昇局面で戻り売りが膨らんだ。現金、信用の両取引ともに売り越している。
 証券会社の自己売買部門は2週連続の売り越し。都銀・地銀などは小幅ながら13週ぶりに買い越した。

           <株式・投資家別売買内容・63社>
                             単位:100万円
        
         売り        買い          差し引き
      
   個人  2755910    2425501     ─330408
      
  外国人  5946626    6433379      486752
        
 投資信託   252772     258727        5955
       
 事業法人   160219     167618        7399

 生・損保    13191      11490       ─1700
      
 都・地銀     6121       6464         342

 信託銀行   698153     588453     ─109700
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/473-a0998dfe
Listed below are links to weblogs that reference
株、外国人3週連続買い越し――個人は売りに転じる・4月1週 from 株式市場と経済ニュース

Home > 投資部門別売買動向 > 株、外国人3週連続買い越し――個人は売りに転じる・4月1週

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ