Home > 株式市場ニュース > ステマ行為は景品表示法に抵触と消費者庁がガイドラインを追加

ステマ行為は景品表示法に抵触と消費者庁がガイドラインを追加

 飲食店のクチコミサイト「食べログ」でサクラ業者によるやらせ行為(ステマ行為)が判明した問題で、消費者庁はクチコミ代行業者が事実と異なる書き込みをすることは、景品表示法に抵触するとしたガイドラインを公表した。具体的には、「インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項」を一部改定し、ステルスマーケティングステマ)行為の事例を追加している。
「(3)問題となる事例」
商品・サービスを提供する店舗を経営する事業者が、口コミ投稿の代行を行う事業者に依頼し、自己の供給する商品・サービスに関するサイトの口コミ情報コーナーに口コミを多数書き込ませ、口コミサイト上の評価自体を変動させて、もともと口コミサイト上で当該商品・サービスに対する好意的な評価はさほど多くなかったにもかかわらず、提供する商品・サービスの品質その他の内容について、あたかも一般消費者の多数から好意的評価を受けているかのように表示させること。

引用先リンク:インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項(pdf)
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/4695-2ac3ff53
Listed below are links to weblogs that reference
ステマ行為は景品表示法に抵触と消費者庁がガイドラインを追加 from 株式市場と経済ニュース

Home > 株式市場ニュース > ステマ行為は景品表示法に抵触と消費者庁がガイドラインを追加

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ