Home > 米国株式市場 > 米国株式市場、大幅続落でダウ7カ月ぶり安値 欧州の財政懸念受け

米国株式市場、大幅続落でダウ7カ月ぶり安値 欧州の財政懸念受け

 7日の米国株式市場は大幅に続落した。ダウ工業株30種平均は前週末比115ドル48セント(1.2%)安の9816ドル49セントと、昨年11月4日以来、約7カ月ぶりの安値で終えた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数の終値は同45.27ポイント(2.0%)安の2173.90で、2月 10日以来、約4カ月ぶりの安値だった。欧州の財政懸念やユーロ安が市場心理を冷やし、売りを誘った。
 ハンガリーの財政問題など欧州で財政不安が拡大するとの警戒感が、引き続き相場の重荷になった。欧州の財政不安を背景に、東京外国為替市場でユーロが一時、対ドルで約4年3カ月ぶりの安値を更新。アジア・欧州株式相場も下げるなど、市場参加者の運用リスクを回避する動きが活発化。米株市場でも売りが優勢になった。
 米国では特に注目される経済指標の発表などが無いなか、前週末に大きく下げた反動から値ごろ感などの買いが入って相場が上げる場面もあった。ただ上値が重かったことが嫌気されたとみえ、相場は引けにかけて下げ幅を広げた。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約14億2千万株(速報)。ナスダック市場は約 21億4千万株(同)。業種別S&P500種株価指数(全10業種)では、「一般産業」と「金融」など9業種が下落。「公益」が上げた。
 高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」の新製品を発表したアップルが安い。新型の高機能携帯端末の発売初日の販売が好調だったと発表した携帯電話のスプリント・ネクステルも下げて終えた。ゴールドマン・サックス(GS)のアナリストが「強い買い推奨」リストに載せたインターネット小売りのアマゾン・ドット・コムが相場全体の下げにつれて小安い。米議会の金融危機調査委員会(FCIC)が召喚状を出したと発表したゴールドマン・サックスも下落した。
 皮膚がん治療薬の治療効果が確認されたと発表した製薬のブリストル・マイヤーズスクイブは大幅高だった。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:9816.49 前日比:‐115.48
始値:9931.75 高値:9982.38 安値:9810.30
年初来高値:11258.01 年初来安値:9774.48

ナスダック総合指数
終値:2173.90 前日比:‐45.27
始値:2226.60 高値:2232.89 安値:2172.25
年初来高値:2535.28 年初来安値:2100.17

S&P総合500種指数
終値:1050.47 前日比:‐14.41
始値:1065.84 高値:1071.36 安値:1049.86
年初来高値:1219.80 年初来安値:1040.78

米30年国債:4.082% 米10年国債:3.146%

シカゴ日経平均先物6月限(ドル建て)終値 9400 (‐110) 大証終値比
シカゴ日経平均先物6月限(円建て) 終値 9405 (‐105) 大証終値比
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/4049-a9ffa069
Listed below are links to weblogs that reference
米国株式市場、大幅続落でダウ7カ月ぶり安値 欧州の財政懸念受け from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株式市場、大幅続落でダウ7カ月ぶり安値 欧州の財政懸念受け

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ