Home > 投資部門別売買動向 > 4月4週売買動向、外国人が2週ぶりに買い越す 企業業績への期待再燃で

4月4週売買動向、外国人が2週ぶりに買い越す 企業業績への期待再燃で

 東京証券取引所が11日発表した4月第4週(4月26~30日)の株式投資部門別売買動向(東京・大阪・名古屋3市場、1・2部と新興企業向け市場合計)によると、外国人が2週ぶりに買い越した。買越額は936億円だった。前の週は172億円の売り越しだった。
 この週の日経平均株価は、週間では100円強上昇したものの、ギリシャ財政問題に端を発する欧州財政不安を巡って強弱両材料が出て、相場は1万1000円近辺でもみ合った。ただ、ファナックが好決算を発表するなど業績の先行き期待を刺激する材料が出たため、現物株への買いを誘ったと見られる。
 個人は2週連続で買い越した。買越額は439億円で前の週(1471億円)からは減っている。信用取引の買い越しが目立っており、市場では「値動きのいい中小型株を中心に、短期的に値幅を稼ぐ狙いの売買が続いた可能性がある」との見方があった。一方、現物株での取引金額はわずかながら売り越しており、やや長めの期間で運用する個人は戻り待ちなどの売りを出していたもようだ。
 証券会社の自己売買部門は1780億円売り越した。裁定取引に絡んだ売りが出たもよう。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3986-8292f2eb
Listed below are links to weblogs that reference
4月4週売買動向、外国人が2週ぶりに買い越す 企業業績への期待再燃で from 株式市場と経済ニュース

Home > 投資部門別売買動向 > 4月4週売買動向、外国人が2週ぶりに買い越す 企業業績への期待再燃で

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ