Home > 米国株式市場 > 米国株式市場、続落 欧州の財政懸念嫌気 資源株安い

米国株式市場、続落 欧州の財政懸念嫌気 資源株安い

 5日の米国株式市場は続落した。ダウ工業株30種平均は前日比58ドル65セント安の1万0868ドル12セント、ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は同21.96ポイント安の2402.29と、ともに3月31日以来、約1カ月ぶりの安値で終えた。欧州の財政問題への懸念から、投資家がリスク資産を圧縮したとみられ、商品先物などとあわせて株に売りが出た。
 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスがポルトガルの格付けを引き下げ方向で見直すと発表。財政不安がギリシャ以外にも広がることへの警戒感が強まり、リスク資産が全般に売られた。前日に続き外国為替市場でユーロ売り・ドル買いが活発化したため、ドル建てで取引される原油が割高感から下落。資源株の下げにつながった面もあった。
 ダウ平均は小幅ながら上げに転じる場面があった。朝方発表された民間指標の4月の全米雇用リポートでは非農業部門雇用者数が市場予想以上に増えた。4月の米サプライマネジメント協会(ISM)の非製造業景況感指数は3月から横ばいだったもの、好不況の分かれ目とされる50は上回った。景気の改善が持続していることに加えて、企業業績の回復傾向も続いており、値ごろ感からの買いが入った。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約15億株(速報値)。ナスダック市場は約28億7千万株(同)。業種別S&P500種株価指数(全10業種)では、「エネルギー」と「一般産業」など8業種が下落した。
 個別ではエクソンモービルやシェブロンなど石油株が下げ、化学大手デュポンや同業のスリーエムも安い。朝方発表した1~3月期決算は市場予想を上回ったものの、メディア大手タイムワーナーが下落。アナリストが投資判断を引き下げた製薬大手メルクも安い。格付け会社フィッチ・レーティングスが格付け見通しを「ネガティブ」に見直した証券大手ゴールドマン・サックスも売られた。
 一方、アナリストが投資判断を引き上げた携帯電話大手スプリント・ネクステルが上昇。決算は大幅減益だったものの、地域通信大手クエスト・コミュニケーションズも上げて終えた。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:10868.12 前日比:‐58.65
始値:10918.40 高値:10946.79 安値:10814.84
年初来高値:11258.01 昨年来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:2402.29 前日比:‐21.96
始値:2395.21 高値:2421.05 安値:2382.07
年初来高値:2535.28 昨年来安値:1265.52

S&P総合500種指数
終値:1165.87 前日比:‐7.73
始値:1169.24 高値:1175.95 安値:1158.15
年初来高値:1219.80 昨年来安値:666.79

米30年国債 4.392% 米10年国債 3.546%

シカゴ日経平均先物6月限(ドル建て)終値 10670 (‐380) 大証終値比
シカゴ日経平均先物6月限(円建て) 終値 10660 (‐390) 大証終値比
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3971-c90faf2c
Listed below are links to weblogs that reference
米国株式市場、続落 欧州の財政懸念嫌気 資源株安い from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株式市場、続落 欧州の財政懸念嫌気 資源株安い

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ