Home > 黒岩の眼 夕刊 > 「急落!“旅行中止”だけは避けたい」

「急落!“旅行中止”だけは避けたい」

 本日の日経平均は262.08円安の17091.59円で取引を終了した。朝方から軟調なスタートとなり、前引けにかけて徐々に下落幅を拡大。後場に入ってからは一段安となり、ローソク足では大陰線が出現した。鉄鋼株が急落したほか、輸出関連株も総じて軟調推移。処分売りを強める動きが加速し、市場の雰囲気は一気に悪化した。業種別東証株価指数ではパルプ・紙など4業種を除きすべてのセクターが下落。特に鉄鋼、石油石炭製品、鉱業などの下落幅が大きかった。
 朝方は軟調なスタートとなった。前日の米国株式相場がハイテク株中心に上昇したことで東京株式相場も買い先行が予想されたものの、寄り付き時点で小幅安のスタート。シカゴ日経平均先物を大幅に下回る動きとなっており、市場は不穏な雰囲気に包まれた。海外市場で商品市況が急落したことで、関連銘柄に売りが先行。鉄鋼株も高値警戒感から積極的に売られており、投資家マインドを一気に悪化させた。後場に入ってからも戻りが鈍かったことから、大引けにかけて一段安の展開。信用取引を行っている投資家の投げも観測され、処分売りの動きが強まったようだ。
 日経平均の日足チャートでは5日移動平均線を大きく割り込み、短期的な上昇トレンドが終了したことを示唆。ローソク足では下ひげが出現したものの、「大陰線」が相場の流れの変化を示唆している。今後は25日移動平均線程度までの調整が予想され、200円程度の下落余地が生じている状況。短期的な需給の悪循環が起こる可能性もあり、一時的に警戒する必要がありそうだ。
 ただ、「窓理論」においては下方に空いていた窓を単に埋めただけ。窓を空けて下落したわけでもなく、強気相場が継続していると考えたい。「鉄鋼・自動車主導の上昇相場から、内需主導の上昇相場への転換」と前向きに捉え、ここは押し目買いの局面であると考えたい。明日にも急落の反動が出る可能性もあり、現時点では弱気になる必要はないと思われる。
 アクセルいっぱいに踏み込んだデロリアンは、道路に放置された“鉄の塊”に接触したことでタイヤがパンク。一部放射能漏れも起こしており、走行不能に陥ったようだ。ただし、マイケルとの小旅行はいまさら中止にするわけには行けない。何とか次の交通手段を考えなければ・・・と思っていたところへ、偶然にも国産の高速バスがやってきた。これに乗り込んで目的地にゴー、といった感じであり、最終的に目的地に辿りつければ良しとしよう。「旅行中止のお知らせ」――この文言だけは避けたいところだ。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/39-ac668f53
Listed below are links to weblogs that reference
「急落!“旅行中止”だけは避けたい」 from 株式市場と経済ニュース

Home > 黒岩の眼 夕刊 > 「急落!“旅行中止”だけは避けたい」

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ