Home > 株式市場ニュース > 09年の企業倒産、件数・負債総額とも前年下回る

09年の企業倒産、件数・負債総額とも前年下回る

2009年全国企業倒産状況 民間調査会社の東京商工リサーチが13日発表した2009年の全国企業倒産状況によると、件数・負債総額はともに前年より減少した。負債総額1000万円以上の企業倒産(銀行取引停止処分などを含む)件数は前年比1%減の1万5480件となり、4年ぶりに前年を下回った。負債総額は44%減の6兆9300億円。中小企業向け金融支援の「緊急保証制度」や、公共工事の前倒し発注などの政策効果があったため。上場企業の倒産件数は戦後3番目となる20件だった。
 09年の企業倒産件数は上半期に多かったが、下半期には減少した。特に1~3月期は前年同期比13%増だったが、4~6月期以降は沈静化し、10~12月期は13%減となった。上場企業の倒産も世界的な不況の影響で1~3月期に14件あったものの、その後は減少に転じ、4~6月期は4件、7~9月期と10~12月期は1件ずつとなった。
 負債総額は08年比43.6%減の6兆9300億円だった。減少は3年ぶり。08年の負債総額が米証券大手リーマン・ブラザーズの日本法人や関連会社の破綻で5年ぶりに10兆円を超え、その反動が出た。最大の倒産は企業向け金融のSFCG(旧商工ファンド)で3380億円だった。
 原因別倒産動向では、販売不振や価格下落などの「不況型」倒産の占める割合が過去最高の79%となった。業種別の倒産動向では、製造業が前年比12%増の2619件となり、6年ぶりに2500件を超えた。一方、建設業は9%減の4087件となり、4年ぶりに前年を下回った。
 09年12月単月の倒産件数は08年同月比16.5%減の1136件となり、5カ月連続で前年同月を下回った。負債総額は53.2%減の2955億円だった。負債100億円以上の大型倒産が3件にとどまり、小規模倒産が目立った。
 帝国データバンクが同日発表した09年の企業倒産(法的整理のみ)件数は前年比5%増の1万3306件、負債総額は43%減の6兆8101億円だった。09年12月の倒産件数は前年同月比11%減の1021件、負債総額は50%減の2998億円だった。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3725-51e7b544
Listed below are links to weblogs that reference
09年の企業倒産、件数・負債総額とも前年下回る from 株式市場と経済ニュース

Home > 株式市場ニュース > 09年の企業倒産、件数・負債総額とも前年下回る

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ