Home > 米国株式市場 > NY市場概況、4日続伸 商品高で素材株に買い、住宅指標は重荷

NY市場概況、4日続伸 商品高で素材株に買い、住宅指標は重荷

 23日の米国株式市場は小幅に4日続伸。ダウ工業株30種平均は前日比1ドル51セント高の1万0466ドル44セントで終えた。ナスダック総合株価指数は同16.97ポイント高の2269.64と昨年9月19日以来の高値で終えた。ドルの下落などを背景とした原油や金先物相場の上昇を受けて、素材株などを中心に買いが優勢となった。
 前日夕に半導体大手マイクロン・テクノロジーが発表した四半期決算が市場予想を上回ったほか、一部アナリストがインターネット検索大手ヤフーの投資判断を「オーバーウエート」で始めた。ハイテク株には個別の好材料が目立ち、ナスダック指数は終始小じっかりで推移した。
 一方、ダウ平均は安く推移する場面も多かった。11月の新築住宅販売件数が前月比で減り、市場予想を大きく下回った。景気の不透明感が意識され、ホームセンター大手ホーム・デポなど一部住宅関連株の売りにつながり相場の重荷となった。
 S&P500種株価指数は2.57ポイント高1120.59と昨年10月1日以来の高値を付けた。業種別S&P500種株価指数では全10種のうち、「素材」や「IT(情報技術)」など8種が上昇。一方、「金融」と「ヘルスケア」が下げた。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約7億8000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約15億4000万株だった。クリスマスの休日が近付き、市場参加者が少ないという。
 マイクロンは6%の大幅高。ヤフーは4%上昇。非鉄大手アルコアは1.3%上昇し、ダウ平均構成銘柄で上昇率首位。鉱業大手ニューモント・マイニングは 2.8%上昇。中国企業と傘下の高級ブランド「ボルボ」売却で基本的な合意に達したと発表した自動車大手フォード・モーターは2%弱上げた。
 一方、ホーム・デポは1%下落。公的資金の返済をそれぞれ発表した米銀大手ウェルズ・ファーゴとシティグループは下落。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:10466.44 前日比:1.51
始値:10464.32 高値:10492.06 安値:10437.80
年初来高値:10516.70 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:2269.64 前日比:16.97
始値:2257.21 高値:2271.33 安値:2253.67
年初来高値:2271.33 年初来安値:1265.52

S&P総合500種指数
終値:1120.59 前日比:2.57
始値:1118.84 高値:1121.58 安値:1116.00
年初来高値:1121.58 年初来安値:666.79

米30年国債 4.609% 米10年国債 3.754%

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)終値 10510 (+160) 大証終値比
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 終値 10460 (+110) 大証終値比
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3674-94e78ab5
Listed below are links to weblogs that reference
NY市場概況、4日続伸 商品高で素材株に買い、住宅指標は重荷 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > NY市場概況、4日続伸 商品高で素材株に買い、住宅指標は重荷

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ