Home > 米国株式市場 > NY市場概況、3日続伸 中古住宅販売が予想を上回り

NY市場概況、3日続伸 中古住宅販売が予想を上回り

 22日の米国株式市場は3日続伸。ダウ工業株30種平均は前日比50ドル79セント高の1万0464ドル93セントで終えた。ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は15.01ポイント高の2252.67と、2008年9月19日以来約1年3カ月ぶりの水準に上昇した。11月の米中古住宅販売件数が市場予想を上回り、住宅市場の改善期待が強まったことで買いが入った。
 11月の中古住宅販売件数が654万戸と、市場予想(630万戸程度)を上回ったことを受け、ダウ平均は一時60ドル超上昇した。ただ朝方発表の7-9月期の実質国内総生産(GDP)確定値が前期比年率2.2%増と、改定値から下方修正されたことが上値を抑えた。
 S&P500種株価指数は3.97ポイント高の1118.02と、昨年10月1日以来の高値で終えた。業種別S&P500種株価指数(全10業種)は「通信サービス」「素材」など9業種が上昇。一方、「公益」は下落した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約9億6000万株(速報値)、ナスダック市場は約16億7000万株(同)だった。
 中古住宅販売件数の発表を受けトール・ブラザーズなどの住宅建設株が買われた。前日夕に発表した業績見通しが市場予想を上回った、電子機器の製造受託サービスを手掛けるジャビル・サーキットが14%超上昇。アナリストが収益見通しを引き上げたインターネット検索大手のグーグルが高い。アナリストが損益見通しが改善するとの見方を示したアメリカン航空の持ち株会社、AMRなど航空株が大幅高。
 前日夕に格付け会社が非鉄大手アルコアを格下げ方向で見直しの対象にすると発表したが、アルコアの株価は小幅高で終えた。22日の大引け後に発表した9~11月期決算内容が市場予想を上回った半導体大手マイクロン・テクノロジーは、時間外取引で一段高となっている。
 一方、シティグループなど金融株の一角が軟調。金先物相場の下落で、金鉱大手のニューモント・マイニングが安い。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:10464.93 前日比:50.79
始値:10414.67 高値:10479.82 安値:10414.59
年初来高値:10516.70 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:2252.67 前日比:15.01
始値:2242.61 高値:2253.73 安値:2241.33
年初来高値:2253.73 年初来安値:1265.52

S&P総合500種指数
終値:1118.02 前日比:3.97
始値:1114.51 高値:1120.27 安値:1114.51
年初来高値:1120.27 年初来安値:666.79

米30年国債 4.613% 米10年国債 3.758%

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)終値 10480 (+130) 大証終値比
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 終値 10430 (+80) 大証終値比
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3672-b850e08c
Listed below are links to weblogs that reference
NY市場概況、3日続伸 中古住宅販売が予想を上回り from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > NY市場概況、3日続伸 中古住宅販売が予想を上回り

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ