Home > 米国株式市場 > NY市場概況、続伸 10月の米貿易赤字縮小を好感

NY市場概況、続伸 10月の米貿易赤字縮小を好感

 10日の米国株式市場は続伸。ダウ工業株30種平均は前日比68ドル78セント高の1万0405ドル83セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は7.13ポイント高の2190.86で終えた。10月の米貿易赤字が輸出増などを背景に前月から縮小したため、外需を支えに米景気が堅調に推移するとの見方が出て買いが優勢になった。
 ダウ平均は約1週間ぶりの高値で、上げ幅は一時100ドルを上回った。10日朝発表の10月の米貿易赤字は 329億ドルと、370億ドル程度だった予想を下回った。同日発表の週間の新規失業保険申請件数も引き続き低水準と受け止められ、米雇用の持ち直し期待を裏付ける形になり相場を支えた。
 S&P500種株価指数は6.40ポイント高の1102.35で終えた。業種別S&P指数(全10業種)では「消費循環」や「公益」、「ヘルスケア」など8業種が上昇。「素材」と「金融」が下落した。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約10億 5000万株(速報値)、ナスダック市場は約19億株(同)。
 個別では、アナリストが目標株価を引き上げた航空機・機械大手ユナイテッド・テクノロジーズが買われ、早朝発表の四半期決算で1株利益が予想に一致した会員制卸売大手コストコ・ホールセールが小高い。経営幹部への2009年のボーナスを株式で支給すると発表した証券大手ゴールドマン・サックスが小じっかり。
 米メディア大手タイムワーナーから分離したネット大手AOLは初値を小幅に上回って終えた。連邦破産法11条に基づき進めていた法的手続きを完了したと発表した米金融サービス大手CITグループの新株は、初値を上回って終えた。ダウ平均構成銘柄では映画・娯楽大手ウォルト・ディズニーや非鉄大手アルコアの上昇が目立った。
 一方、慎重な業績見通しを発表した製薬大手イーライ・リリーが4%安。ダウ平均構成銘柄では銀行大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)や航空機大手ボーイングがさえない。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:10405.83 前日比:68.78
始値:10336.00 高値:10444.60 安値:10335.77
年初来高値:10516.70 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:2190.86 前日比:7.13
始値:2194.90 高値:2202.84 安値:2187.08
年初来高値:2214.39 年初来安値:1265.52

S&P総合500種指数
終値:1102.35 前日比:6.40
始値:1098.69 高値:1106.25 安値:1098.69
年初来高値:1119.13 年初来安値:666.79

米30年国債 4.510% 米10年国債 3.502%

シカゴ日経平均先物12月限(ドル建て)終値 9930 (+110) 大証終値比
シカゴ日経平均先物12月限(円建て) 終値 9935 (+115) 大証終値比
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3646-5b548d6c
Listed below are links to weblogs that reference
NY市場概況、続伸 10月の米貿易赤字縮小を好感 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > NY市場概況、続伸 10月の米貿易赤字縮小を好感

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ