Home > 米国株式市場 > NY市場概況、利益確定売りで小反落 金融株が安い

NY市場概況、利益確定売りで小反落 金融株が安い

 24日の米国株式市場は反落。ダウ工業株30種平均は前日比17ドル24セント安の1万0433ドル71セントで終えた。ナスダック総合株価指数は同 6.83ポイント安の2169.18で終えた。前日にダウ平均が約1年1カ月ぶりの高値を付けた後とあって、利益確定売りが優勢となった。
 米連邦預金保険公社(FDIC)が四半期報告で経営に問題がある機関が6月末より増えたと発表。一部金融機関の財務懸念を誘った。中国や欧州市場で銀行株が下げたことも、米金融株の売りにつながったという。四半期決算が予想を上回ったヒューレット・パッカード(HP)に利益確定売りが出たことも重荷となり、ダウ平均は一時約90ドル安まで下げた。
 しかし、午後にかけて相場は下げ幅を縮めた。3-4日開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、米連邦準備理事会(FRB)が来年の実質国内総生産(GDP)成長率見通しを上方修正したことが、買い戻しのきっかけになったとの声があった。
 7-9月期の実質国内総生産(GDP)改定値は速報値から下方修正されたが予想にほぼ一致した。9月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数で全米20都市の価格指数は前年同月比の下落率が縮小し、11月の消費者信頼感指数は前月比上昇した。経済指標は景気認識や見通しを変える内容ではないとして、材料視されなかったという。
 業種別S&P500種株価指数では全10種のうち、「金融」や「IT(情報技術)」など5種が下落。「通信サービス」や「ヘルスケア」などが上げた。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約9億5000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約18億株だった。
 米銀大手JPモルガン・チェースは2%弱下落し、ダウ平均構成銘柄で下落率首位。地銀のザイオンズ・バンコーポレーションは5%超下げた。HPは1.6%安。決算と併せて利益見通しの引き下げを発表した米書店チェーン大手バーンズ・アンド・ノーブルが5%の大幅安。
 一方、前日夕に発表した四半期決算や業績見通しが予想を上回った高性能アナログIC(集積回路)製造の半導体大手アナログ・デバイセズは6%の大幅高。決算が大幅増益となった衣料大手アメリカン・イーグル・アウトフィッターズは3%高。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:10433.71 前日比:‐17.24
始値:10451.25 高値:10453.97 安値:10359.58
年初来高値:10495.61 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:2169.18 前日比:‐6.83
始値:2174.69 高値:2175.15 安値:2155.22
年初来高値:2205.32 年初来安値:1265.52

S&P総合500種指数
終値:1105.65 前日比:‐0.59
始値:1105.83 高値:1107.56 安値:1097.63
年初来高値:1113.69 年初来安値:666.79

米30年国債 4.249% 米10年国債 3.308%

シカゴ日経平均先物12月限(ドル建て)終値 9360 (‐30) 大証終値比
シカゴ日経平均先物12月限(円建て) 終値 9340 (‐50) 大証終値比
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3607-18fc166d
Listed below are links to weblogs that reference
NY市場概況、利益確定売りで小反落 金融株が安い from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > NY市場概況、利益確定売りで小反落 金融株が安い

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ