Home > 米国株式市場 > NY株式市場、4日ぶり小反落 住宅着工の大幅減など嫌気

NY株式市場、4日ぶり小反落 住宅着工の大幅減など嫌気

 18日の米国株式市場は4営業日ぶりに小反落。ダウ工業株30種平均は前日比11ドル11セント安の1万0426ドル31セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は10.64ポイント安の2193.14で終えた。10月の米住宅着工件数が大幅に減少し、市場予想を下回ったことがきっかけとなり、利益確定売りが出た。
 携帯情報端末「ブラックベリー」を手掛けるリサーチ・イン・モーション(RIM)が投資判断引き下げを受け売られたほか、CAD(コンピューターによる設計)大手オートデスクが予想を下回る業績見通しを示して急落。こうしたハイテク株の悪材料が相場の重荷になった面もあった。ただ米連邦準備理事会(FRB)が景気下支えへ超低金利政策を長期化させるとの見方が引き続き支援材料となり、下値は限られた。
 S&P500種株価指数は0.52ポイント安の1109.80で終えた。業種別S&P500種指数(全10業種)は「情報技術(IT)」や「公益」、「一般産業」など7業種が下落し、「金融」など3業種が上昇した。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約10億6000万株(速報値)、ナスダック市場は約19億5000万株(同)。
 RIMが2%超下げ、オートデスクが10%安。決算と併せて示した業績見通しが市場予想に届かなかった会員制量販店のBJ’sホールセール・クラブが売られた。一方、著名投資家率いるヘッジファンドが株価上昇の可能性があるとの見通しを示したと報じられた米銀大手バンク・オブ・アメリカが3%超上昇し、アナリストが投資判断を引き上げた住宅建設大手パルト・ホームズが堅調だった。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:10426.31 前日比:‐11.11
始値:10426.27 高値:10432.66 安値:10360.10
年初来高値:10438.17 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:2193.14 前日比:‐10.64
始値:2199.87 高値:2200.15 安値:2180.17
年初来高値:2205.32 年初来安値:1265.52

S&P総合500種指数
終値:1109.80 前日比:‐0.52
始値:1109.44 高値:1111.10 安値:1102.70
年初来高値:1113.69 年初来安値:666.79

米30年国債 4.301% 米10年国債 3.368%

シカゴ日経平均先物12月限(ドル建て)終値 9725 (+55) 大証終値比
シカゴ日経平均先物12月限(円建て) 終値 9715 (+45) 大証終値比
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3595-60af335d
Listed below are links to weblogs that reference
NY株式市場、4日ぶり小反落 住宅着工の大幅減など嫌気 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > NY株式市場、4日ぶり小反落 住宅着工の大幅減など嫌気

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ