Home > 米国株式市場 > NY市場概況、ダウ7日ぶり反落 原油安でエネルギー株に売り

NY市場概況、ダウ7日ぶり反落 原油安でエネルギー株に売り

 12日の米国株式市場ダウ工業株30種平均は7日ぶりに反落。前日比93ドル79セント安の1万0197ドル47セントで終えた。ナスダック総合株価指数は反落し、同17.88ポイント安の2149.02で終えた。ドルの上昇などを背景に原油先物相場が大幅に下落し、エネルギー株などに売りが優勢となった。
 ダウ平均は前日までに3日連続で約1年1カ月ぶりの高値を付けており、利益確定売りが出やすかった。S&P500種株価指数が心理的節目の 1100を上回る水準で上値の重さが意識されたことも、売りをうながしたとの指摘があった。ダウ平均は午後に下げ幅を広げ、一時120ドル安まで下げる場面があった。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約10億5000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約21億1000万株だった。
 S&P株価指数は11.27ポイント安の1087.24で終えた。業種別S&P500種株価指数は全10種が下落。「エネルギー」が2%、「金融」が1.8%下げた。
 ネットワーク機器大手のスリーコムを買収することで合意したと発表したヒューレット・パッカード(HP)は小幅安。アナリストの投資判断引き下げが伝わったネットワーク機器大手のブロケード・コミュニケーションズ・システムズが約13%の急落。同業のシスコシステムズは2%下げた。
 石油大手シェブロンは1%安。非鉄大手アルコアは2%弱下げた。前日夕に発表した四半期決算が予想を上回った半導体製造装置大手のアプライドマテリアルズ(AMAT)は3%安。ゼネラル・エレクトリック(GE)の一部事業を買収すると発表したユナイテッド・テクノロジーズは朝高後、小幅安で終えた。
 一方、スリーコムは31%の急伸。四半期決算で1株利益が予想を上回った小売り大手のウォルマート・ストアーズは0.5%上昇。決算が予想以上だった百貨店コールズは小高い。半導体大手インテルと独占禁止法の違反などを巡る訴訟で和解した同業大手アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)は22%の急伸。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:10197.47 前日比:‐93.79
始値:10289.82 高値:10321.64 安値:10171.24
年初来高値:10341.97 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:2149.02 前日比:‐17.88
始値:2166.98 高値:2179.19 安値:2145.83
年初来高値:2190.64 年初来安値:1265.52

S&P総合500種指数
終値:1087.24 前日比:‐11.27
始値:1098.31 高値:1101.97 安値:1084.90
年初来高値:1105.37 年初来安値:666.79

米30年国債 4.396% 米10年国債 3.449%

シカゴ日経平均先物12月限(ドル建て)終値 9780 (‐10) 大証終値比
シカゴ日経平均先物12月限(円建て) 終値 9775 (‐15) 大証終値比
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3583-f1638f7f
Listed below are links to weblogs that reference
NY市場概況、ダウ7日ぶり反落 原油安でエネルギー株に売り from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > NY市場概況、ダウ7日ぶり反落 原油安でエネルギー株に売り

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ