Home > 米国株式市場 > NY市場概況、続落 買い先行も原油相場下落を受け素材などに売り

NY市場概況、続落 買い先行も原油相場下落を受け素材などに売り

 26日の米国株式市場は続落。ダウ工業株30種平均は前週末比104ドル22セント安の9867ドル96セント、ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は同12.62ポイント安の2141.85で終えた。原油相場下落を受けて素材株が売られ、相場の重荷となった。投資判断引き下げなどを受けた金融株安も相場を押し下げた。
 通信大手ベライゾン・コミュニケーションズなどが発表した決算が市場予想を上回った。半導体大手マーベル・テクノロジー・グループが売上高見通しを引き上げたことも好感され、相場は高く始まった。複数の証券会社が目標株価を引き上げたマイクロソフトも堅調。ダウ平均は100 ドル高まで上げる場面があった。
 その後、午前中から原油相場が急速に水準を切り下げたことなどと前後し、相場は上げ幅を縮小、次第に下げに転じた。石油株を含む素材株全般が下落。著名アナリストによる投資判断引き下げなどを受けて、朝方から売られていた銀行株が一段安となったことも相場を押し下げた。ダウ平均は122ドル安まで下げ幅を広げる場面があった。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約13億8千万株(速報)。ナスダック市場は約22億6千万株(同)。業種別S&P500種株価指数では、「金融」と「素材」を筆頭に全10業種が下落した。
 著名アナリスト、リチャード・ボーブ氏が公的資金を返済するためには、大規模な増資が必要と指摘した米銀大手バンク・オブ・アメリカが大幅安。同氏が投資判断を引き下げた地銀大手USバンコープ、フィフス・サード・バンコープ、サントラスト・バンクスも安い。ベライゾンが下落。決算が市場予想を上回った光ファイバー・高性能ガラス基板大手コーニングも下げて終えた。
 一方、マイクロソフトが上昇。マーベルも上げて終えた。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:9867.96 前日比:‐104.22
始値:9972.33 高値:10072.32 安値:9849.45
年初来高値:10119.47 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:2141.85 前日比:‐12.62
始値:2158.81 高値:2183.61 安値:2136.92
年初来高値:2190.64 年初来安値:1265.52

S&P総合500種指数
終値:1066.95 前日比:‐12.65
始値:1080.36 高値:1091.75 安値:1065.23
年初来高値:1101.36 年初来安値:666.79

米30年国債 4.372% 米10年国債 3.562%

シカゴ日経平均先物12月限(ドル建て)終値 10260 (‐100) 大証終値比
シカゴ日経平均先物12月限(円建て) 終値 10245 (‐115) 大証終値比
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3540-de6d8024
Listed below are links to weblogs that reference
NY市場概況、続落 買い先行も原油相場下落を受け素材などに売り from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > NY市場概況、続落 買い先行も原油相場下落を受け素材などに売り

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ