Home > 世界金融危機 > 米銀破綻、今年100社を超える 17年ぶりの高水準

米銀破綻、今年100社を超える 17年ぶりの高水準

アメリカの銀行破たん件数 米連邦預金保険公社(FDIC)は23日、パートナーズ・バンク(フロリダ州)など7つの地域金融機関が破綻したと発表した。今年に入ってからの地域金融機関の破綻件数は106社となり、1992年(179社)以来、17年ぶりの高水準になっている。
 23日には、パートナーズ・バンクなどフロリダ州の3社に加え、ウィスコンシン州、ミネソタ州などでも地域金融機関が破綻した。破綻金融機関の預金はいずれも地域の別の金融機関が引き継ぐ見通しだ。
 ベアーFDIC総裁は同日、「保険対象の預金は安全だ。(破綻処理の財源として)FDICは金融機関から保険料を集めているうえ、米財務省からの借り入れも可能だ」との声明を出した。
 米経済は底入れ圏に入りつつあるが、失業率は上昇傾向で個人消費も回復がもたついている。証券市場で収益を稼ぎ出す大手金融機関と違い、地域金融機関は融資などの本業の比重が高く、不良債権の増加で経営が悪化している地銀は増えている。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3539-05ed0a94
Listed below are links to weblogs that reference
米銀破綻、今年100社を超える 17年ぶりの高水準 from 株式市場と経済ニュース

Home > 世界金融危機 > 米銀破綻、今年100社を超える 17年ぶりの高水準

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ