Home > 米国株式市場 > NY市場概況、ダウ続落 中国株安などにつれ利益確定売り

NY市場概況、ダウ続落 中国株安などにつれ利益確定売り

 8月31日の米国株式市場ダウ工業株30種平均は続落し、前週末比47ドル92セント安の9496ドル28セント、ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は反落し、同19.71ポイント安の2009.06で終えた。中国株式相場が大幅安となったことなどをきっかけに、利益確定売りが出た。
 中国の上海株式相場が6.7%下げるなど大幅安となり、他のアジア・欧州株相場も下げが目立った。前週後半まで米株の上昇基調が続いた後とあって利益確定や持ち高調整の売りが出やすく、朝方から売りが優勢となった。原油相場が下げ幅を広げると石油株が下げ幅を拡大し、相場を押し下げた。ダウ平均は108ドル安まで下げる場面があった。ただ値ごろ感からの買いが入ったとみえ、引け間際には下げ幅を縮めた。ダウ平均は8月1カ月間で324ドル(3.5%)上昇した。
 午前9時45分ごろ発表された8月のシカゴ購買部協会景気指数(PMI)は50と市場予想(48前後)を上回り、3カ月連続で上昇した。ただ相場の反応はあまり大きくなかった。映画・娯楽大手ウォルト・ディズニーなどが大型M&A(合併・買収)案件を発表したが、ディズニーが下げたことなどもあり、相場全体の買い材料とは受け止められなかった。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約15億1千万株(速報)。ナスダック市場は約21億8千万株(同)。業種別S&P500種株価指数(全10業種)では、「エネルギー」と「消費循環」を筆頭に9業種が下落した。
 コミック大手マーベル・エンターテインメントを買収すると発表したディズニーが財務負担への懸念などから下落。油田サービス大手BJサービシズを買収すると発表した同業のベーカー・ヒューズも大幅安だった。アナリストが投資判断を引き下げたと伝わった証券大手モルガン・スタンレーも下落した。
 一方、前週末に業績見通しを上方修正したことを受けて、アナリストが目標株価を引き上げた半導体大手インテルが上げて終えた。マーベル・エンターテインメントが急伸。BJサービシズも上げた。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:9496.28 前日比:‐47.92
始値:9542.91 高値:9543.06 安値:9436.13
年初来高値:9620.00 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:2009.06 前日比:‐19.71
始値:2011.14 高値:2013.65 安値:1997.53
年初来高値:2059.48 年初来安値:1265.52

S&P総合500種指数
終値:1020.62 前日比:‐8.31
始値:1025.21 高値:1025.21 安値:1014.62
年初来高値:1039.47 年初来安値:666.79

米30年国債 4.182% 米10年国債 3.403%

シカゴ日経平均先物9月限(ドル建て)終値 10465 (+15) 大証終値比
シカゴ日経平均先物9月限(円建て) 終値 10460 (+10) 大証終値比
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3412-bc692c2e
Listed below are links to weblogs that reference
NY市場概況、ダウ続落 中国株安などにつれ利益確定売り from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > NY市場概況、ダウ続落 中国株安などにつれ利益確定売り

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ