Home > 米国株式市場 > NY市場概況、小幅に8日続伸 ボーイング急伸など支え

NY市場概況、小幅に8日続伸 ボーイング急伸など支え

 27日の米国株式市場で、ダウ工業株30種平均は小幅に8営業日続伸。前日比37ドル11セント高の9580ドル63セントで終え、昨年11月4日以来の高値を更新した。相場上昇が続いた後とあって利益確定売りが先行したが、構成銘柄の航空機大手ボーイングが急伸したため、小高く終えた。ダウ平均の8日続伸は2007年3月から4月にかけて記録して以来、約2年5カ月ぶり。
 ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3.30ポイント高の2027.73で終えた。ナスダック指数の終値は昨年10月1日以来の高値。S&P500種株価指数は2.86ポイント高の1030.98と、昨年10月6日以来の高値で終えた。
 延期していた最新鋭中型機「787」の納入時期を発表したボーイングが8%超上昇し、ダウ平均を1銘柄で約30ドル押し上げた。軟調だった原油先物相場が上昇に転じ、石油株が下げ幅を縮める展開になったこともプラス要因だった。
 著名投資家による株式取得が伝わった米銀大手シティグループが9%上昇し、対立していた元幹部との和解の可能性が報じられた保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が2割超上昇。金融株が総じて堅調に推移し、相場を支えた。
 業種別S&P500種指数(全10業種)は「金融」や「一般産業」、「素材」など6業種が上昇。「通信サービス」など4業種が下落した。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約12億9000万株(速報値)、ナスダック市場は約21億2000万株(同)。
 通常取引の終了間際に発表した5-7月期決算で、売上高が予想を上回ったパソコン大手デルが6%以上上げて終えた。5-7月期決算で売上高が速報値とほぼ一致した高級住宅大手トール・ブラザーズは、利益確定売りに押されさえない。ダウ平均構成銘柄では通信大手のベライゾン・コミュニケーションズやディスカウントストア大手ウォルマート・ストアーズの下げが目立った。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:9580.63 前日比:37.11
始値:9541.63 高値:9609.72 安値:9459.40
年初来高値:9620.00 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:2027.73 前日比:3.30
始値:2021.31 高値:2029.27 安値:1993.03
年初来高値:2040.59 年初来安値:1265.52

S&P総合500種指数
終値:1030.98 前日比:2.86
始値:1027.81 高値:1033.33 安値:1016.20
年初来高値:1037.75 年初来安値:666.79

米30年国債 4.226% 米10年国債 3.457%

シカゴ日経平均先物9月限(ドル建て)終値 10570 (+60) 大証終値比
シカゴ日経平均先物9月限(円建て) 終値 10555 (+45) 大証終値比
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3406-90ec1fe8
Listed below are links to weblogs that reference
NY市場概況、小幅に8日続伸 ボーイング急伸など支え from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > NY市場概況、小幅に8日続伸 ボーイング急伸など支え

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ