Home > 米国株式市場 > NY市場概況、3日ぶり反発 好材料株に買い、FRBは景気認識引き上げ

NY市場概況、3日ぶり反発 好材料株に買い、FRBは景気認識引き上げ

 12日の米国株式市場は3営業日ぶりに大幅反発。ダウ工業株30種平均は前日比120ドル16セント高の9361ドル61セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は28.99ポイント高の1998.72で終えた。前日までの下落で値ごろ感が広がっていたところに、住宅やハイテクなど好材料の出た銘柄が買われ、株価指数を押し上げた。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表後には一段高となる場面があった。
 高級住宅を手掛けるトール・ブラザーズが同日、市場予想を上回る5-7月期の売上高見通しや、住宅契約件数の増加を発表。住宅販売の底入れ期待から住宅株が全般に上昇したほか、住宅ローン事業の収益押し上げの思惑などから金融株にも買いが入った。前日夕に発表した四半期決算が市場予想を上回った半導体製造装置のアプライドマテリアルズ(AMAT)が上昇。KLAテンコールなども買われた。
 米連邦準備理事会(FRB)は午後、同日まで開いたFOMCで実質ゼロ金利政策の据え置きを決定。声明文では景気認識を上方修正した。国債買い切りについては規模拡大が見送られたが、低金利政策は長期にわたって続くとの見通しを示した。景気回復に向けてFRBによる流動性支援策は続くとの安心感などから、ダウ平均は180ドル超に上げ幅を拡大する場面があった。引けにかけては利益確定売りが出た。
 S&P500種株価指数は11.46ポイント高の1005.81で終えた。業種別S&P500種株価指数(全10業種)は「金融」「一般産業」など9業種が上昇。「消費安定」のみ下げた。フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)は1.8%上昇。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約13億株(速報値)、ナスダック市場は約21億1000万株(同)だった。
 トールが14%急伸。パルト・ホームズやレナーなども買われた。JPモルガン・チェースやシティグループが堅調。ユナイテッド・テクノロジーズやキャタピラーも上昇。利益見通しを引き上げた百貨店大手メーシーズは堅調。
 半面、朝方発表の四半期決算が予想以下だった小売り大手リズ・クレイボーンはさえない。コカ・コーラが売られた。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:9361.61 前日比:120.16
始値:9236.06 高値:9424.11 安値:9221.02
年初来高値:9424.11 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:1998.72 前日比:28.99
始値:1970.95 高値:2015.26 安値:1970.25
年初来高値:2015.59 年初来安値:1265.52

S&P総合500種指数
終値:1005.81 前日比:11.46
始値:994.00 高値:1012.78 安値:993.36
年初来高値:1018.00 年初来安値:666.79

米30年国債 4.541% 米10年国債 3.721%

シカゴ日経平均先物9月限(ドル建て)終値 10550 (+110) 大証終値比
シカゴ日経平均先物9月限(円建て) 終値 10520 (+80) 大証終値比
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3368-3992bdcd
Listed below are links to weblogs that reference
NY市場概況、3日ぶり反発 好材料株に買い、FRBは景気認識引き上げ from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > NY市場概況、3日ぶり反発 好材料株に買い、FRBは景気認識引き上げ

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ