Home > 米国株式市場 > NY市場概況、ダウ大幅反発 住宅や小売株などに買い

NY市場概況、ダウ大幅反発 住宅や小売株などに買い

 25日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は5日ぶりに大幅反発。前日比172ドル54セント高の8472ドル40セントで終えた。ナスダック総合株価指数は続伸し、同37.20ポイント高の1829.54で終えた。企業の四半期決算などを手掛かりに、住宅や小売り株など景気敏感株を中心に買いが優勢となった。
 家庭雑貨小売り大手のベッド・バス・アンド・ビヨンドが発表した四半期決算が市場予想を上回った。住宅建設大手レナーの決算は売上高も市場予想を上回り、個人消費や住宅市場が改善するとの期待を誘った。原油先物相場が上昇したことや、好調な7年物国債の入札などを受けて長期金利が大幅に低下したことも株式相場の支援材料となった。ダウ平均の下落が続いた後とあって、値ごろ感からの買いが入りやすい面もあった。
 バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が、米銀大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)によるメリルリンチ買収の経緯について議会で証言した。前日に「一部議員がFRBは統合に関する重要事項などの詳細をほかの規制当局から隠したと語った」との報道があり、市場では警戒感が強まっていた。証言が混乱なく終わり、株の買い安心感が強まったとの指摘もあった。
 週間の新規失業保険申請件数が前週比で増加したことなどを受けて、主な株価指数は朝方に安く推移する場面があった。
 業種別S&P500種株価指数では全10種が上昇。「一般産業」や「消費循環」などの上げが目立った。ダウ平均構成銘柄はバンカメを除く29銘柄が上昇した。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約11億8000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約21億7000万株だった。
 ベッド・バスは9%、レナーは18%上昇した。生命保険子会社2社の新規株式公開を実施することで、公的資金の一部を返済する方針を発表した保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は2.8%高。アメリカン・エキスプレスが6.6%上げ、ダウ平均構成銘柄で上昇率首位。アナリストが投資判断を引き上げた農機大手ディアが5%高。
 バンカメは横ばい。優先株の一部を普通株へ転換したと発表し、株主価値の希薄化への懸念から売りが先行したが、相場全体の上昇につれ次第に買いが優勢となった。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:8472.40 前日比:172.54
始値:8299.25 高値:8490.46 安値:8259.43
年初来高値:9088.06 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:1829.54 前日比:37.20
始値:1783.19 高値:1829.67 安値:1779.18
年初来高値:1879.92 年初来安値:1265.52

S&P総合500種指数
終値:920.26 前日比:19.32
始値:899.45 高値:921.42 安値:896.27
年初来高値:956.23 年初来安値:666.79

米30年国債 4.334% 米10年国債 3.54%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(25日)
SEP09
O 9840(ドル建て)
H 9960
L 9720
C 9955 大証比+165(イブニング比+195)
Vol 10632

SEP09
O 9650(円建て)
H 9905
L 9650
C 9905 大証比+115(イブニング比+145)
Vol 16162
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3262-1ef54d3e
Listed below are links to weblogs that reference
NY市場概況、ダウ大幅反発 住宅や小売株などに買い from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > NY市場概況、ダウ大幅反発 住宅や小売株などに買い

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ