Home > 米国株式市場 > NY市場概況、ダウ平均が大幅に続落 ベスト・バイや素材株が安い

NY市場概況、ダウ平均が大幅に続落 ベスト・バイや素材株が安い

 16日の米国株式相場で、ダウ工業株30種平均は続落。前日比107ドル46セント安の8504ドル67セントで終えた。ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日続落で、終値は20.20ポイント安の1796.18。ダウ平均、ナスダック指数とも5月29日以来、約2週間ぶりの安値。家電量販店大手ベスト・バイの3-5月期の売上高が市場予想を下回り、株価が大きく下げたことなどが重しとなった。
 ベスト・バイは約7%下落し、小売株全般の下げにつながった。前日に続きエネルギー株や素材株が軟調に推移したことも、相場全体の足かせ。朝方発表の5月の米鉱工業生産指数は前月比1.1%の低下と引き続き低調だった一方、5月の米住宅着工件数が大きく増えたため、ダウ平均は午前中には小高く推移する場面もあった。
 S&P500種株価指数は11.75ポイント安の911.97で終えた。業種別S&P500種指数(全10業種)は「素材」や「消費循環」、「エネルギー」など9業種が下落。「ヘルスケア」が上昇した。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約11億8000万株(速報値)、ナスダック市場は約21億9000万株(同)。
 ダウ平均構成銘柄では、ホームセンター大手ホーム・デポや非鉄大手アルコアが軟調。アナリストが投資判断を引き下げた通信大手AT&Tがさえない。銀行大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)やウォルト・ディズニーの下げが目立った。石油株のエクソンモービル、シェブロンが売られた。小売株では百貨店のJCペニーやディスカウントストアのターゲットが安い。
 一方、市場予想より小幅な赤字見通しを発表した電炉大手のニューコアが高い。住宅着工の大幅増を受け、住宅株のDRホートンやレナーが買われた。ダウ平均構成銘柄では製薬大手のファイザーが小高い。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:8504.67 前日比:-107.46
始値:8612.44 高値:8643.65 安値:8499.38
年初来高値:9088.06 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:1796.18 前日比:-20.20
始値:1825.20 高値:1831.18 安値:1795.55
年初来高値:1879.92 年初来安値:1265.52

S&P総合500種指数
終値:911.97 前日比:-11.75
始値:925.60 高値:928.00 安値:911.60
年初来高値:956.23 年初来安値:666.79

米30年国債 4.473% 米10年国債 3.659%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(16日)
SEP09
O 9900(ドル建て)
H 9925
L 9705
C 9735 大証比-35(イブニング比-75)
Vol 9370

O 9825(円建て)
H 9850
L 9630
C 9655 大証比-115(イブニング比-155)
Vol 14664
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3238-886260af
Listed below are links to weblogs that reference
NY市場概況、ダウ平均が大幅に続落 ベスト・バイや素材株が安い from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > NY市場概況、ダウ平均が大幅に続落 ベスト・バイや素材株が安い

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ