Home > 米国株式市場 > NY市場概況、大幅に反落 利益確定売り、長期金利の急上昇が重し

NY市場概況、大幅に反落 利益確定売り、長期金利の急上昇が重し

 27日の米国株式相場は大幅に反落。ダウ工業株30種平均は前日比173ドル47セント安の8300ドル02セント、ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は19.35ポイント安の1731.08で終えた。大幅高の翌日で利益確定売りが出やすかったうえ、午後に長期金利が急上昇したことが株式相場の重しとなった。
 ダウ平均は前日の上昇幅(196ドル)の約9割を失った形。金利上昇が米景気を冷やす可能性が意識され、売りを誘った。米連邦預金保険公社(FDIC)が発表した四半期報告で、経営に問題のある金融機関が305行と2008年末から53行増えたと指摘したことが、金融株への売りを誘い相場の重しになったとの見方もあった。
 S&P500種株価指数は17.27ポイント安の893.06で終えた。ただ韓国サムスン電子との特許契約更新を発表した半導体大手サンディスクが急伸したため、フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)は4.12ポイント高の263.94で終えた。業種別S&P500種指数は「金融」を筆頭に全十業種が下落した。
 売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が13億4000万株(速報値)、ナスダック市場は21億2000万株(同)だった。
 個別では自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が約2割安。経営再建策の柱である債務削減計画で、目標を大幅に下回る債権者の同意しか得られなかったと発表。連邦破産法11条を申請する可能性が高まったと受け止められ、売りが膨らんだ。
 2009年8月期の一株利益が従来予想の下限にとどまりそうだと発表した農業製品大手モンサントが軟調だった。四半期決算で一株利益が市場予想を小幅に上回ったオフィス用品販売大手ステープルズも売られた。
 金融株では銀行大手のJPモルガン・チェースやクレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)の下げが目立った。米政府による資産査定実施以来、総額約260億ドルの資本を調達したと発表したバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が小安い。
 一方、サンディスクは14%高。ダウ平均構成銘柄では建機大手のキャタピラーと製薬大手メルクが上昇した。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:8300.02 前日比:-173.47
始値:8473.65 高値:8496.59 安値:8289.35
年初来高値:9088.06 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:1731.08 前日比:-19.35
始値:1745.56 高値:1768.22 安値:1728.96
年初来高値:1773.13 年初来安値:1265.52

S&P総合500種指数
終値:893.06 前日比:-17.27
始値:909.95 高値:913.84 安値:891.87
年初来高値:943.85 年初来安値:666.79

米30年国債 4.632% 米10年国債 3.738%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(27日)
JUN09
O 9480(ドル建て)
H 9510
L 9320
C 9380 大証比-50(イブニング比-80)
Vol 9757

O 9475(円建て)
H 9495
L 9315
C 9375 大証比-55(イブニング比-85)
Vol 12535
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3192-2d1e515c
Listed below are links to weblogs that reference
NY市場概況、大幅に反落 利益確定売り、長期金利の急上昇が重し from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > NY市場概況、大幅に反落 利益確定売り、長期金利の急上昇が重し

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ