Home > 米国株式市場 > NY市場概況、ダウ平均3日続落 欧州株安や米経済指標の下振れ嫌気

NY市場概況、ダウ平均3日続落 欧州株安や米経済指標の下振れ嫌気

 21日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は大幅に3日続落。前日比129ドル91セント安の8292ドル13セントで終えた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続落し、終値は32.59ポイント安の1695.25だった。欧州株式相場の下落を引き継いだほか、米経済指標の下振れを受けて売りが優勢となった。
 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が英国債の格付け見通しを引き下げた。これを嫌気して欧州株相場が急落し、この流れが米国株にも波及した。景気対策に伴う巨額の財政出動で米国債の格下げ懸念もくすぶる中、ドル資産に対する懸念が意識されたことも売りを誘った。
 午前発表の週間の米新規失業保険申請件数は高水準で高止まりし、5月のフィラデルフィア連銀景気指数は前月から改善したものの市場予想を下回った。米景気の先行き不透明感が広がると、幅広い銘柄に売りが出た。ダウ平均の下げ幅は200ドルを超える場面があった。取引終了にかけては買い戻しも入り、ダウ平均はやや下げ渋った。
 S&P500種株価指数は15.14ポイント安の888.33で終えた。業種別S&P500種株価指数(全十業種)は「一般産業」「エネルギー」など九業種が下落。半面、「金融」が上げた。アナリストが大手銀行セクターの投資判断を引き上げたと伝わったことが買いを誘った。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約14億3000万株(速報値)、ナスダック市場は約22億2000万株(同)だった。
 キャタピラーやアルコアが大幅安。時価総額の大きいエクソンモービルとシェブロンも安い。前日夕に増資計画を発表したフィフス・サード・バンコープやハンチントン・バンクシェアーズは急落。米S&Pが債務負担の大きさを反映して格下げしたEトレード・ファイナンシャルも大幅安。
 半面、金融関連会社が米政府から追加の資本注入を受けるとの報道などが伝わったゼネラル・モーターズ(GM)は大幅に上昇。JPモルガン・チェースやシティグループなど大手銀行株の一角は買われた。アナリストの投資判断引き上げが伝わったジュニパー・ネットワークスが高い。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:8292.13 前日比:-129.91
始値:8416.07 高値:8416.15 安値:8221.01
年初来高値:9088.06 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:1695.25 前日比:-32.59
始値:1709.83 高値:1719.58 安値:1677.77
年初来高値:1773.13 年初来安値:1265.52

S&P総合500種指数
終値:888.33 前日比:-15.14
始値:900.42 高値:900.42 安値:879.61
年初来高値:943.85 年初来安値:666.79

米30年国債 4.312% 米10年国債 3.364%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(21日)
JUN09
O 9295(ドル建て)
H 9305
L 9065
C 9130 大証比-150(イブニング比-120)
Vol 10296

O 9255(円建て)
H 9260
L 9055
C 9120 大証比-160(イブニング比-130)
Vol 16042
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3181-a447da7c
Listed below are links to weblogs that reference
NY市場概況、ダウ平均3日続落 欧州株安や米経済指標の下振れ嫌気 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > NY市場概況、ダウ平均3日続落 欧州株安や米経済指標の下振れ嫌気

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ