Home > 米国株式市場 > NY市場概況、ダウ3日ぶり反落 豚インフルエンザ警戒、GMは2割高

NY市場概況、ダウ3日ぶり反落 豚インフルエンザ警戒、GMは2割高

 27日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落し、前週末比51ドル29セント安の8025ドルちょうどで終えた。ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は5営業日ぶりに反落し、14.88ポイント安の1679.41で終えた。豚インフルエンザの感染拡大への警戒感が相場の重しとなった。前週末までの上昇を受け、利益確定売りも出やすかった。
 週末に感染拡大が明らかになった豚インフルエンザへの懸念から、相場は朝方から軟調に推移した。旅行需要が減る可能性が意識され、航空株が軒並み下落。感染被害が拡大すれば改善の兆しがみられていた米景気にマイナスとの思惑が広がり、業績が景気動向に左右されやすい素材株にも売りが出た。原油先物相場が軟調だったことから、シェブロンなど石油株の下落が目立った。
 一方、経営再建へ向けた追加のリストラ策を発表した米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が2割上昇し、相場全体が上げに転じる場面もあった。インフルエンザの治療薬の需要増の思惑から、薬品株が堅調だった。
 S&P500種株価指数は8.72ポイント安の857.51で終えた。業種別S&P500種株価指数(全十業種)は「金融」や「素材」など七業種が下落。一方、「ヘルスケア」など三業種が上昇した。ダウ運輸株平均は4%超下落。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約14億株(速報値)、ナスダック市場は約21億7000万株(同)だった。
 航空株ではUSエアウェイズが17%下落したほか、アメリカン航空の持ち株会社AMRやコンチネンタル航空が大幅安。ホテル大手マリオット・インターナショナルも下落した。朝方発表の決算は市場予想を上回ったが、固定電話部門の不調などが意識された通信大手のベライゾン・コミュニケーションズが安い。アナリストが投資判断を引き下げた米銀大手ウェルズ・ファーゴが5%安。シティグループやバンク・オブ・アメリカがさえない。
 一方、朝方に決算発表と併せて業績見通しの引き上げを発表した携帯電話向け技術開発大手のクアルコムが高い。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:8025.00 前日比:-51.29
始値:8073.82 高値:8122.56 安値:7987.16
年初来高値:9088.06 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:1679.41 前日比:-14.88
始値:1672.87 高値:1700.53 安値:1670.49
年初来高値:1665.56 年初来安値:1265.62

S&P総合500種指数
終値:857.51 前日比:-8.72
始値:862.82 高値:868.83 安値:854.65
年初来高値:943.85 年初来安値:666.79

米30年国債 3.829% 米10年国債 2.908%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(27日)
JUN09
O 8765(ドル建て)
H 8950
L 8730
C 8835 大証比+85(イブニング比+125)
Vol 10415

O 8710(円建て)
H 8855
L 8695
C 8790 大証比+40(イブニング比+80)
Vol 15030
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3128-c7dd0331
Listed below are links to weblogs that reference
NY市場概況、ダウ3日ぶり反落 豚インフルエンザ警戒、GMは2割高 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > NY市場概況、ダウ3日ぶり反落 豚インフルエンザ警戒、GMは2割高

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ