Home > 米国株式市場 > NY市場概況、大幅反発 米財務長官の発言受け、金融株に買い

NY市場概況、大幅反発 米財務長官の発言受け、金融株に買い

 21日の米国株式相場は大幅反発。ダウ工業株30種平均は前日比127ドル83セント高の7969ドル56セントで終えた。ナスダック総合株価指数は同 35.64ポイント高の1643.85で終えた。ガイトナー米財務長官の発言をきっかけに、前日に大幅安となった金融株を中心に買い戻しが優勢となった。
 ガイトナー長官は議会証言で「大部分の銀行は必要以上の資本を備えている」と述べたと伝わった。米銀大手の四半期決算の内容などを受けて、足元で強まっていた資産査定(ストレステスト)の結果に対する警戒感がやや後退し金融株が買われた。前日に下げが目立った素材や一般産業株などにも買い戻しが広がった。
 朝方は売りが優勢だった。建設機械大手キャタピラーが決算と同時に収益見通しの引き下げを発表したことなどが、先行きの企業業績への懸念を誘った。ガイトナー長官の発言が伝わる前は、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)やシティグループなど金融株への売りも続いていた。
 業種別S&P500種株価指数では全十種のうち、「ヘルスケア」を除く九種が上昇。8%高となった「金融」の上げが目立った。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約16億7000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約23億9000万株だった。
 シティは10%、バンカメとJPモルガン・チェースは9%超上昇し、ダウ平均構成銘柄で上昇率上位。キャタピラーは朝安後、相場上昇につれ買われ3%高で終えた。一株利益が市場予想を上回った化学大手デュポンは約5%上昇。決算と併せて業績見通しの据え置きを発表した航空機・機械大手のユナイテッド・テクノロジーズも高い。前日夕に発表した決算で売上高が市場予想を下回ったIBMは1.8%高で終えた。
 一方、決算で一株利益が市場予想を下回った製薬大手のメルクは6%超下落し、ダウ平均構成銘柄で下落率首位。売上高が市場予想を下回ったコカ・コーラも安い。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:7969.56 前日比:127.83
始値:7841.73 高値:7979.20 安値:7791.95
年初来高値:9088.06 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:1643.85 前日比:35.64
始値:1600.28 高値:1643.85 安値:1599.03
年初来高値:1665.56 年初来安値:1265.62

S&P総合500種指数
終値:850.08 前日比:17.69
始値:831.25 高値:850.09 安値:826.83
年初来高値:943.85 年初来安値:666.79

米30年国債 3.739% 米10年国債 2.897%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(21日)
JUN09
O 8790(ドル建て)
H 8895
L 8645
C 8880 大証比+110(イブニング比+140)
Vol 13611

O 8725(円建て)
H 8850
L 8600
C 8835 大証比+65(イブニング比+95)
Vol 14169
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3109-6bfd5ef5
Listed below are links to weblogs that reference
NY市場概況、大幅反発 米財務長官の発言受け、金融株に買い from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > NY市場概況、大幅反発 米財務長官の発言受け、金融株に買い

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ