Home > 米国株式市場 > NY市場反落 前日急伸の反動で利益確定売り、金融株が安い

NY市場反落 前日急伸の反動で利益確定売り、金融株が安い

 24日の米国株式相場は反落。ダウ工業株30種平均は前日比115ドル89セント安の7659ドル97セントで終えた。ナスダック総合株価指数は同39.25ポイント安の1516.52で終えた。前日の相場が急伸した後とあって、利益確定に伴う売りが優勢となった。
 米政府による金融機関の不良資産の買い取り策の発表などを受け、前日はダウ平均は約500ドルの大幅高となった。この日はひとまず利益を確定する動きが金融株を中心に広がった。金融安定化への期待から市場心理はやや改善しているといい、断続的に買いも入った。ダウ平均は高く推移する場面もあった。
 ガイトナー米財務長官らが米下院で保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の高額賞与について証言した。ガイトナー長官は公的資金を受け入れた金融機関の賞与制度の見直しやノンバンクの監督制度を十分に整備する必要があると指摘した。ただ、証言内容はほぼ予想通りとして相場の反応は目立たなかった。
 業種別S&P500種株価指数は全十種が下落。6.5%となった「金融」の下げが目立った。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約16億5000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約20億2000万株だった。
 AIGは6%下落。銀行大手のバンク・オブ・アメリカは7.4%、JPモルガン・チェースは8%弱下げた。今年初めの業績について、明るい見通しを示したドイツ銀行も安い。アナリストが投資判断を引き下げたウォルト・ディズニーは3%下落。
 ダウ平均構成銘柄では化学大手のデュポンが約2%、航空機大手のボーイングが1.7%上昇。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:7659.97 前日比:-115.89
始値:7773.47 高値:7796.57 安値:7646.99
年初来高値:9088.06 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:1516.52 前日比:-39.25
始値:1535.13 高値:1546.14 安値:1515.78
年初来高値:1665.56 年初来安値:1265.62

S&P総合500種指数
終値:806.25 前日比:-16.67
始値:820.60 高値:823.65 安値:805.48
年初来高値:943.85 年初来安値:666.79

米30年国債 3.639% 米10年国債 2.701%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(24日)
JUN09
O 8510(ドル建て)
H 8520
L 8370
C 8420 大証比+20(イブニング比+70)
Vol 9396

O 8360(円建て)
H 8435
L 8290
C 8340 大証比-60(イブニング比-10)
Vol 12055
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3041-8bfa9404
Listed below are links to weblogs that reference
NY市場反落 前日急伸の反動で利益確定売り、金融株が安い from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > NY市場反落 前日急伸の反動で利益確定売り、金融株が安い

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ