Home > 米国株式市場 > 米国株、続伸 FRBの金融緩和好感、金融・住宅株高い

米国株、続伸 FRBの金融緩和好感、金融・住宅株高い

 18日の米国株式相場は続伸。ダウ工業株30種平均は前日比90ドル88セント高の7486ドル58セント、ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は 29.11ポイント高の1491.22で終えた。米連邦準備理事会(FRB)が米連邦公開市場委員会(FOMC)で長期国債の買い入れ開始などを決定。FRBの積極的な金融緩和姿勢が好感され、買い優勢になった。ダウ平均、ナスダック指数とも2月中旬以来の高値で終えた。
 FRBがFOMCで長期国債買い入れに加え、住宅ローン担保証券(MBS)の買い入れ増を決めたと発表。市場では長期国債の買い入れを予想する声が減っていただけに、FRBの決定は予想外に積極的と受け止められた。ダウ平均は一時7500ドル台を回復し、上げ幅が170ドルを上回った。ただ前日にダウ平均が180ドル近く上げるなど相場の上昇基調が続いた後とあって、利益確定売りが出て上値を抑えた。
 S&P500種株価指数は16.23ポイント高の794.35で終えた。業種別S&P500種指数は「金融」や「消費循環」、「公益」など九業種が上昇し、「消費安定」が低下した。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約20億8000万株(速報値)、ナスダック市場は約28億3000万株(同)。
 FRBの金融緩和に伴う住宅ローン金利低下が支援材料になるとの見方から、KBホームやDRホートンなど住宅建設株が堅調。住宅市場の回復期待を背景に銀行株も買われ、シティグループやバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が2割以上上げた。幹部への高額賞与への批判が一段と強まっている保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)も4割超上昇した。
 中国商務省が同国最大手の果汁メーカーのコカ・コーラによる買収を認めないと発表。コカ・コーラには売りが先行したが、相場全体の上げに連れて小高く終えた。IBMが買収を交渉中と米ウォールストリート・ジャーナル紙電子版が伝えたネットワーク機器大手サン・マイクロシステムズが急伸。IBMは下げて終えた。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:7486.58 前日比:90.88
始値:7395.70 高値:7571.64 安値:7257.27
年初来高値:9088.06 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:1491.22 前日比:29.11
始値:1456.11 高値:1506.61 安値:1448.68
年初来高値:1665.56 年初来安値:1265.62

S&P総合500種指数
終値:794.35 前日比:16.23
始値:776.01 高値:803.04 安値:765.64
年初来高値:943.85 年初来安値:666.79

米30年国債 3.532% 米10年国債 2.533%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(18日)
JUN09
O 8095(ドル建て)
H 8180
L 7855
C 8065 大証比+145(イブニング比+185)
Vol 14598

O 8040(円建て)
H 8045
L 7775
C 7985 大証比+65(イブニング比+105)
Vol 17381
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3026-2eb42756
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、続伸 FRBの金融緩和好感、金融・住宅株高い from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株、続伸 FRBの金融緩和好感、金融・住宅株高い

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ