Home > 米国株式市場 > 米国株、小幅に続伸 金融株に買い続く、利益確定売りが重し

米国株、小幅に続伸 金融株に買い続く、利益確定売りが重し

 11日の米国株式相場は小幅に続伸。ダウ工業株30種平均は前日比3ドル91セント高の6930ドル40セント、ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は13.36ポイント高の1371.64で終えた。業績懸念がやや薄らいだ大手銀行株が前日に続いて買われ、相場を支えた。ダウ平均は2月27日以来の高値で終え、7000ドルの大台を回復する場面もあった。
 ダウ平均が続伸するのは2月上旬以来約1カ月ぶり。前日に急伸した金融株は11日も買われ、米銀大手シティグループが6%高、JPモルガン・チェースが4%超上げた。ガイトナー米財務長官が前日夜のテレビインタビューで、銀行システムを支援する姿勢を示したとダウ・ジョーンズ通信が伝えたほか、JPモルガンのダイモン最高経営責任者(CEO)が1、2月に利益をあげたと語ったと米CNBCが伝えている。
 ただダウ平均が今年最大の上げ幅を記録した後とあって、利益確定売りに押される銘柄も目立った。前日二ケタの上昇率だった非鉄大手アルコアやゼネラル・エレクトリック(GE)が軟調で、ダウ平均を押し下げた。原油先物相場の下落で石油株が売られたほか、格付け会社が格下げを発表した製薬大手ファイザーが下落したことも足かせだった。
 S&P500種株価指数は1.76ポイント高の721.36。業種別S&P500種指数(全十業種)は「金融」や「素材」など六業種が上昇。「ヘルスケア」や「エネルギー」など四業種が下落した。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約 17億5000万株(速報値)、ナスダック市場は約22億3000万株(同)だった。
 大手銀行株ではシティやJPモルガンのほか、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が上昇。アナリストが投資判断を引き上げた証券大手のモルガン・スタンレーは8%高と堅調だった。アナリストが投資判断を引き上げたパソコン大手ヒューレット・パッカード(HP)がしっかり。一方、アナリストが投資判断を引き下げたクレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)が下落。朝方に決算とあわせて発表した売上高見通しが予想以下だった半導体大手ナショナル・セミコンダクターが軟調だった。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:6930.40 前日比:3.91
始値:6923.13 高値:7015.06 安値:6867.55
年初来高値:9088.06 年初来安値:6469.95

ナスダック総合指数
終値:1371.64 前日比:13.36
始値:1366.07 高値:1385.20 安値:1352.60
年初来高値:1665.56 年初来安値:1265.62

S&P総合500種指数
終値:721.36 前日比:1.76
始値:719.59 高値:731.92 安値:713.85
年初来高値:943.85 年初来安値:666.79

米30年国債 3.661% 米10年国債 2.905%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(11日)
MAR09
O 7390(Globex 合算)
H 7510
L 7320
C 7400 大証比+10(イブニング比-40)
Vol 27576

O 7385(Globex 合算)
H 7510
L 7325
C 7395 大証比+5(イブニング比-45)
Vol 35792
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/3009-b9c66544
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、小幅に続伸 金融株に買い続く、利益確定売りが重し from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株、小幅に続伸 金融株に買い続く、利益確定売りが重し

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ