Home > 米国株式市場 > 米国株、低調な経済指標を嫌気し続落 GM安い、金融株は堅調

米国株、低調な経済指標を嫌気し続落 GM安い、金融株は堅調

 26日の米国株式相場は続落。ダウ工業株30種平均は前日比88ドル81セント安の7182ドル08セント、ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は 33.96ポイント安の1391.47で終えた。1月の耐久財受注額など米景気の低迷を示す経済指標の発表が続き、相場の重しとなった。ヘルスケア関連銘柄の下落も足かせ。ただ国有化懸念の後退した金融株には買いが続き、午前中にはダウ平均が100ドル超上げる場面もあった。
 午前に発表の1月の米耐久財受注額、新築住宅販売件数に加え、週間の新規失業保険申請件数が市場予想より悪い内容で、米景気への懸念が改めて広がった。オバマ米大統領が中期の財政見通しと2010会計年度予算の基本方針を発表。医療保険の見直しでメディケア(高齢者医療保険)関連の支出が削減されるとの見方が広がり、ヘルスケア銘柄が軒並み大きく下げた。
 S&P500種株価指数は12.07ポイント安の752.83。業種別S&P500種株価指数は「ヘルスケア」や「消費安定」、「消費循環」など八業種が下落。「金融」と「通信サービス」の2業種が上昇した。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約14億 9000万株(速報値)、ナスダック市場は約23億5000万株(同)。
 朝方発表した2008年通期決算で最終損益が308億ドルの赤字となった自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)が6%超下落した。製薬大手のメルクも6%超売られ、メディケアを提供する管理医療サービス大手のヒューマナが2割近く下げた。ダウ平均構成銘柄では建機大手のキャタピラーや航空機大手のボーイングの下げも目立った。
 09年1―3月期の業績見通しが市場予想にほぼ一致すると幹部が語ったと伝わった銀行大手JPモルガン・チェースが6%高。オバマ大統領が金融安定化の公的資金枠の追加を明らかにしたことも金融株の支援材料となり、バンク・オブ・アメリカやウェルズ・ファーゴが高い。
 傘下事業の一部を米政府に譲渡し、債務負担を圧縮する交渉に入ったと報じられた保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が13%高。09年の利益見通しを維持したと伝わったIBMがしっかり。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:7182.08 前日比:-88.81
始値:7269.06 高値:7402.31 安値:7173.56
年初来高値:9088.06 年初来安値:7105.94

ナスダック総合指数
終値:1391.47 前日比:-33.96
始値:1438.37 高値:1444.52 安値:1391.47
年初来高値:1665.56 年初来安値:1386.86

S&P総合500種指数
終値:752.83 前日比:-12.07
始値:765.76 高値:779.42 安値:751.75
年初来高値:943.85 年初来安値:742.37

米30年国債 3.676% 米10年国債 2.993%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(26日)
MAR09
O 7420(ドル建て)
H 7610
L 7355
C 7405 大証比-25(イブニング比-65)
Vol 11072

O 7400(円建て)
H 7590
L 7330
C 7385 大証比-45(イブニング比-85)
Vol 14140
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2973-f71a38b0
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、低調な経済指標を嫌気し続落 GM安い、金融株は堅調 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株、低調な経済指標を嫌気し続落 GM安い、金融株は堅調

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ