Home > 株式市場ニュース > GM傘下サーブが経営破綻 スウェーデン政府、金融支援を拒否

GM傘下サーブが経営破綻 スウェーデン政府、金融支援を拒否

サーブロゴ スウェーデンの自動車メーカーで、米ゼネラル・モーターズ(GM)傘下のサーブが20日、事実上経営破綻した。金融危機をきっかけにした世界的な新車販売の低迷で業績が悪化し、GMが分離を検討していた。スウェーデン政府からの融資保証などを含む金融支援が得られなかったため、法的管理下で再建を目指す。金融危機以後、経営破綻した欧米自動車メーカーは初めて。
 サーブは同日、裁判所に法的管理下での企業再生法の適用を申請した。親会社のGMはスウェーデン政府に対し、サーブ救済のため約50億クローナ(約530億円)の金融支援を要請していたが、同国政府が拒否。GMはこれ以上の負担に耐えられないことから法的処理を選んだ。今後はGMグループから離れ、自力で支援企業探しなどを進める。
 サーブの新車販売は2008年10-12月期に前年同期比38%減の1万7900台にまで落ち込んだ。年間でも9万3300台と3年前の12万台から大きく減少。業績も悪化し、08年に30億クローナ(約320億円)の損失を出していた。
 サーブの経営破綻は、積極的なM&A(合併・買収)で膨張した米ゼネラル・モーターズ(GM)解体の第一歩となる。赤字事業の切り離しはGMの経営再建に不可欠。ただ、不良資産の処理費用が膨らめば、政府からの支援資金の枯渇など再建の重荷となる。
 GMは経営危機が深刻化した昨年秋以降、赤字が続くサーブの売却を模索していた。一方でスウェーデン政府から金融支援も求めたがいずれも失敗した。GMにとっては売却益が期待できないだけでなく、今後、関連資産の評価損などサーブの破綻処理に伴う損失が膨らむ見通しだ。
 GMは17日の再建計画で、すでに受けとった134億ドルに加え最大166億ドルの追加政府支援を要請。同時に、米国内の八ブランドの半減など、これまで買収で得た資産の「解体」を宣言した。GMの世界販売を1000万台近くまで押し上げる原動力だった買収戦略は完全に行き詰まった。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2958-136ad6ff
Listed below are links to weblogs that reference
GM傘下サーブが経営破綻 スウェーデン政府、金融支援を拒否 from 株式市場と経済ニュース

Home > 株式市場ニュース > GM傘下サーブが経営破綻 スウェーデン政府、金融支援を拒否

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ