Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ続落100ドル安 銀行「国有化」懸念が重し

米国株、ダウ続落100ドル安 銀行「国有化」懸念が重し

 20日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は続落。前日比100ドル28セント安の7365ドル67セントと、2002年10月9日以来の安値で終えた。ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は小幅ながら5営業日続落し、終値は1.59ポイント安の1441.23だった。米銀大手の国有化懸念が心理的な重しとなり、売りが優勢となった。
 財務懸念で国有化の思惑が広がったシティグループやバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が売られ、ダウ平均の下げを主導した。ともに過去1年(52週)の安値を更新した。ドッド上院銀行委員長が米メディアとのインタビューで、複数の銀行について国有化の可能性に言及したと伝わった。これが嫌気されダウ平均の下げ幅は一時200ドルを超えた。
 一方、ホワイトハウスの報道官が午後、「オバマ政権は民間による銀行運営が正しい手法だと信じる」と述べたと伝わった。これを受け金融株が買い戻され、ダウ平均は一時持ち直した。ただ、金融株に対する先行き不安は根強く、取引終了にかけて再び売り圧力が強まった。市場では「銀行資産の時価会計ルールを一時中断すべきだ」(アバロン・パートナーズのピーター・カーディロ氏)との声があった。
 朝方発表の1月の消費者物価指数(CPI)の上昇幅は前月比0.3%と、市場予想(0.2%)を上回った。食品とエネルギーを除いたコア指数は0.2%上昇し、市場予想(0.1%上昇)を上回ったが、相場の反応は限られた。
 S&P500種株価指数は8.89ポイント安の770.05で終えた。業種別S&P500種株価指数(全十業種)は「公益」「エネルギー」など七業種が下落。一方、「通信サービス」など三業種が上昇した。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約21億2000万株(速報値)、ナスダック市場は約25億6000万株(同)だった。
 シティグループは22%下落し、株価は1ドル台で終えた。バンカメは3%超下落した。傘下のスウェーデン自動車大手サーブが事実上経営破綻したことなどを受け、ゼネラル・モーターズ(GM)は11%安。朝方発表した決算が市場予想に届かなかったうえ、慎重な見通しを示したホームセンター大手のロウズが軟調。
 半面、ゴールドマン・サックスのアナリストが投資判断を引き上げた通信大手AT&Tやベライゾン・コミュニケーションズが堅調。金先物相場の上昇を受け、金鉱大手のニューモント・マイニングは7%高。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:7365.67 前日比:-100.28
始値:7461.49 高値:7469.29 安値:7249.47
年初来高値:9088.06 年初来安値:7249.47

ナスダック総合指数
終値:1441.23 前日比:-1.59
始値:1429.68 高値:1453.04 安値:1417.04
年初来高値:1665.56 年初来安値:1417.04

S&P総合500種指数
終値:770.05 前日比:-8.89
始値:775.87 高値:778.69 安値:754.25
年初来高値:943.85 年初来安値:754.25

米30年国債 3.567% 米10年国債 2.788%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(20日)
MAR09
O 7520(ドル建て)
H 7520
L 7190
C 7295 大証比-85(イブニング比+15)
Vol 18261

O 7300(円建て)
H 7370
L 7160
C 7260 大証比-120(イブニング比-20)
Vol 18892
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2957-ab13d7a8
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、ダウ続落100ドル安 銀行「国有化」懸念が重し from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ続落100ドル安 銀行「国有化」懸念が重し

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ