Home > 米国株式市場 > 米国株、値ごろ感からの買いでダウ小反発 景気懸念で上値は重い

米国株、値ごろ感からの買いでダウ小反発 景気懸念で上値は重い

 18日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに小反発。前日比3ドル03セント高の7555ドル63セントで終えた。足元で下落が続いた後とあって値ごろ感からの買い戻しがやや優勢となった。ただ、景気に対する懸念などを背景とした売りも続き、指数は方向感に乏しくもみ合う場面が多かった。
 一方、ナスダック総合株価指数は3日続落し、同2.69ポイント安の1467.97で終えた。
 米景気や金融システムへの不安から前日にダウ平均は昨年11月以来の安値を付けた後とあって、値ごろ感からの買いがやや優勢となった。米政府が最大900万世帯を対象とする住宅ローン返済支援策を発表し、住宅市場の低迷に積極的に取り組む姿勢を示したことも相場を支えたとの指摘もあった。
 ただ、目先の景気悪化や金融機関の財務に対する懸念は根強く、上値は重かった。1月の住宅着工件数が過去最低水準を更新し、住宅市場の悪化が続いていることが改めて意識された。バンク・オブ・アメリカやシティグループなど銀行大手の一角への売りも続いた。
 米連邦準備理事会(FRB)は前回1月分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨と併せて、2009年の実質国内総生産(GDP)見通しを引き下げた。バーナンキFRB議長は講演で、金融市場の安定や景気支援のため全力を尽くすと話したと伝わった。ただ、ともに新味に乏しいとして相場の反応は限られた。
 業種別S&P500種株価指数では全十種のうち、「消費安定」と「IT(情報技術)」の二種が上昇。一方、「公益」や「通信サービス」の下げが目立った。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約14億3000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約21億株だった。
 一株利益見通しを据え置いた農業製品大手モンサントは上昇。新会社設立を発表した金融保証会社(モノライン)大手MBIAは約30%急伸。金先物相場の上昇を受けて、ニューモント・マイニングなど金鉱株が堅調。ダウ平均構成銘柄では小売り大手のウォルマート・ストアーズが3%超上げた。
 一方、前日夕に米政府に経営再建計画を提出したゼネラル・モーターズ(GM)は5%下落。トール・ブラザーズやレナーなど住宅株が軟調。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:7555.63 前日比:3.03
始値:7546.35 高値:7617.76 安値:7479.97
年初来高値:9088.06 年初来安値:7479.97

ナスダック総合指数
終値:1467.97 前日比:-2.69
始値:1479.69 高値:1487.83 安値:1454.55
年初来高値:1665.56 年初来安値:1434.21

S&P総合500種指数
終値:788.42 前日比:-0.75
始値:791.06 高値:796.17 安値:780.43
年初来高値:943.85 年初来安値:780.43

米30年国債 3.548% 米10年国債 2.752%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(18日)
MAR09
O 7460(ドル建て)
H 7660
L 7455
C 7585 大証比+5(イブニング比+15)
Vol 13963

O 7435(円建て)
H 7615
L 7435
C 7560 大証比-20(イブニング比-10)
Vol 17409
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2950-4e44ecfa
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、値ごろ感からの買いでダウ小反発 景気懸念で上値は重い from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株、値ごろ感からの買いでダウ小反発 景気懸念で上値は重い

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ