Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ続落 3カ月ぶり安値、金融システム不安で銀行株に売り

米国株、ダウ続落 3カ月ぶり安値、金融システム不安で銀行株に売り

 13日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は続落。前日比82ドル35セント安の7850ドル41セントと昨年11月20日以来約3カ月ぶりの安値で終えた。ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3日ぶりに反落し、7.35ポイント安の1534.36で終えた。金融システムの先行き不透明感が強いことから、金融株を中心に売りが出た。米政府による景気対策に対する警戒感も相場を押し下げた。
 米政府による新たな金融安定化策で金融機関の不良資産の買い取りなど詳細が決まっていないことが引き続き重しになった。米下院は約7890億ドルの景気対策法案を同日午後、賛成多数で可決した。ただ、上院での採決が残っていることに加え、金融安定策の具体案が決まらないと景気の立て直しは難しいとの見方が強かったことから、相場の支援材料としては意識されなかった。
 2月の米消費者態度指数(速報値、ミシガン大学調べ)は前月から悪化し、市場予想を下回ったが、相場への影響はほとんどなかった。16日は「プレジデント・デー」の祝日で休場となる。三連休の前で積極的な取引が手控えられたという。
 S&P500種株価指数は8.35ポイント安の826.84で終了した。業種別S&P500種株価指数は全十業種が下落し、「金融」が約4%安と下落率首位だった。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約12億4100万株(速報値)、ナスダック市場は約20億株(同)。
 前日夕に 2008年10-12月期の業績を下方修正し、赤字幅が拡大すると発表した米銀大手のウェルズ・ファーゴが6%安。同業のバンク・オブ・アメリカ、JPモルガン・チェースは5%超安。シティグループも売られた。政府への経営再建計画の提出期日が17日に迫っている自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)も約6%安だった。アナリストが投資判断を引き下げたネットワーク機器大手サン・マイクロシステムズが約4%安。
 一方、市場予想を上回る決算を発表したカジュアル衣料大手アバロクロンビー・アンド・フィッチが10%高と急伸。08年10-12月期の一株利益が市場予想と一致した飲料大手ペプシコも上昇した。航空機大手ボーイングや航空機・機械大手ユナイテッド・テクノロジーズも買われた。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:7850.41 前日比:-82.35
始値:7933.00 高値:7970.84 安値:7840.45
年初来高値:9088.06 年初来安値:7693.98

ナスダック総合指数
終値:1534.36 前日比:-7.35
始値:1540.06 高値:1552.57 安値:1530.16
年初来高値:1665.56 年初来安値:1434.21

S&P総合500種指数
終値:826.84 前日比:-8.35
始値:833.95 高値:839.43 安値:825.21
年初来高値:943.85 年初来安値:804.30

米30年国債 3.673% 米10年国債 2.889%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(13日)
MAR09
O 7820(ドル建て)
H 7885
L 7705
C 7725 大証比-45(イブニング比-125)
Vol 9713

O 7740(円建て)
H 7835
L 7665
C 7685 大証比-85(イブニング比-165)
Vol 11929
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2939-0eec2954
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、ダウ続落 3カ月ぶり安値、金融システム不安で銀行株に売り from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ続落 3カ月ぶり安値、金融システム不安で銀行株に売り

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ