Home > 投資部門別売買動向 > 2月1週売買動向 外国人が4週連続売り越し、信託銀シェア10%に上昇

2月1週売買動向 外国人が4週連続売り越し、信託銀シェア10%に上昇

 東京証券取引所が13日発表した2月第1週(2-6日)の投資部門別売買動向(東京・大阪・名古屋3市場、1・2部と新興企業向け市場合計)によると、外国人が4週連続で売り越した。売越額は1829億円と前の週の2593億円から縮小したが、1月2週以降の売り越し基調が続いていることが鮮明になった。今年に入ってからの外国人の売越額の合計は早くも1兆円を超えた。昨年の2月1週までは7527億円の売り越しだった。
 この週は週間で82円(1.0%)上昇。週初に米金融安定化策のとりまとめの遅れや国内企業の業績下方修正が相次いだことが重しとなった一方、半ばからは円高一服に加え、米金融安定化策や景気対策法案の成立への期待が盛り返し、株価はじり高となった。ただ国内外の景気先行き不透明感は強く、海外投資家は日本株からの資金引き揚げを続けた。
 個人は2週連続で売り越した。週後半に日経平均が取引時間中に8100円台後半まで上昇する場面もあり、相場が上昇する局面で戻り待ちの売りを進めたようだ。信用取引で売り越す一方、現金では買い越しており、売越額は20億円と前の週の1167億円から大幅に縮小した。
 一方、信託銀行は5週連続で買い越した。買越額は2420億円と前の週の3228億円からは縮小したが、売買に占めるシェアは10.5%と前の週の8.8%から大きく上昇し2005年7月第2週以来、約3年7カ月ぶりの高水準となった。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2937-f4c9bcd3
Listed below are links to weblogs that reference
2月1週売買動向 外国人が4週連続売り越し、信託銀シェア10%に上昇 from 株式市場と経済ニュース

Home > 投資部門別売買動向 > 2月1週売買動向 外国人が4週連続売り越し、信託銀シェア10%に上昇

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ