Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ平均3日続落 金融・消費懸念で、ナスダックは反発

米国株、ダウ平均3日続落 金融・消費懸念で、ナスダックは反発

 2日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は3営業日続落。前週末比64ドル03セント安の7936ドル83セントで終え、昨年11月下旬以来の安値を付けた。新たな金融安定化策のとりまとめの遅れなどへの懸念が相場の重しとなった。個人消費関連で悪材料が目立ったことも嫌気された。ただ半導体大手インテルなど大型ハイテク株には買いが入り、ナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反発。終値は18.01ポイント高の1494.43だった。
 オバマ政権による新たな金融安定化策の発表が先送りになるとの報道が週末から2日にかけて相次ぎ、金融機関の財務健全化遅れの懸念が強まった。ダウ構成銘柄ではバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が9%近く下げ、下落率の首位。昨年12月の個人消費支出(PCE)が市場予想を下回る内容だったほか、百貨店メーシーズが減配や人員削減を発表したことも、個人消費を中心に米景気懸念を強めた。
 1月の米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数は市場予想を上回ったが、水準自体が低かったため相場の押し上げ効果は限られた。ダウ平均ではインテルやマイクロソフトの上昇が目立った。業績や財務に安定感のある大型ハイテク株は値ごろ感などの買いが入りやすいとの声があった。
 S&P500種株価指数は0.44ポイント安の825.44で終えた。業種別S&P500種指数は全十業種のうち「一般産業」や「素材」など五業種が下落。「通信サービス」や「情報技術」など五業種が上昇した。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約13億3000万株(速報値)、ナスダック市場は約20億2000万株(同)。
 メーシーズは4%安。同業のJCペニーやサックスが安い。朝方に市場予想を下回る四半期決算を発表した玩具大手のマテルが16%安と急落した。一方、アナリストが投資判断を引き上げた製薬大手ファイザーが高い。アナリストが投資判断を引き下げた自動車大手フォード・モーターが小高い。朝方発表した四半期決算の速報値で売上高が予想を下回った半導体製造装置大手のアプライド・マテリアルズが小じっかり。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:7936.83 前日比:-64.03
始値:8000.62 高値:8000.62 安値:7867.37
年初来高値:9088.06 年初来安値:7867.37

ナスダック総合指数
終値:1494.43 前日比:18.01
始値:1462.67 高値:1502.59 安値:1460.85
年初来高値:1665.56 年初来安値:1434.21

S&P総合500種指数
終値:825.44 前日比:-0.44
始値:823.09 高値:830.78 安値:812.87
年初来高値:943.85 年初来安値:804.30

米30年国債 3.473% 米10年国債 2.716%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(2日)
MAR09
O 7885(ドル建て)
H 7960
L 7780
C 7890 大証比+20(イブニング比+160)
Vol 9103

O 7725(円建て)
H 7885
L 7710
C 7815 大証比-55(イブニング比+85)
Vol 12388
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2903-8f3aee97
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、ダウ平均3日続落 金融・消費懸念で、ナスダックは反発 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ平均3日続落 金融・消費懸念で、ナスダックは反発

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ