Home > 投資部門別売買動向 > 1月3週売買動向 外国人が2週連続売り越し、個人や信託銀の買い続く

1月3週売買動向 外国人が2週連続売り越し、個人や信託銀の買い続く

 東京証券取引所が29日発表した1月第3週(19-23日)の投資部門別株式売買動向(東京・大阪・名古屋3市場、1・2部と新興企業向け市場合計)によると、外国人が2週連続で売り越した。売越額は2858億円と前の週の3205億円から縮小した。この週は英銀大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)が巨額損失を計上する見通しを示したことなどから欧州でも金融不安が強まった。
 欧米での金融不安の高まりに加え、ソニーが22日の大引け後に業績予想を下方修正したことを受けて2008年4-12月期決算で業績予想の引き下げが相次ぐとの懸念も強まった。外国為替市場で円高が進行したこともあって、日経平均株価は週間で484円下落した。証券会社の自己売買部門は3週連続で売り越した。売越額は3138億円と前の週の3189億円並みの大きさとなった。株式相場が下落する過程で、現物株の裁定買い残高の圧縮をさらに進めたとみられる。
 一方、個人は2週間連続で買い越した。買越額は2487億円と前の週の2848億円からやや縮小した。日経平均が8000円を下回ったことで、値ごろ感からの買いを入れる動きが目立った。信託銀行は3週連続の買い越し。買越額は2695億円と前の週の2557億円からやや拡大した。信託方式による企業の自社株買いや公的年金などの買いが日経平均の下値を支える構図が続いている。
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2892-503c93d2
Listed below are links to weblogs that reference
1月3週売買動向 外国人が2週連続売り越し、個人や信託銀の買い続く from 株式市場と経済ニュース

Home > 投資部門別売買動向 > 1月3週売買動向 外国人が2週連続売り越し、個人や信託銀の買い続く

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ