Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ反発 人員削減発表でホームデポ上昇、キャタピラー大幅安

米国株、ダウ反発 人員削減発表でホームデポ上昇、キャタピラー大幅安

 26日の米国株式相場ダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発し、前週末比38ドル47セント高の8116ドル3セントで終えた。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、同12.17ポイント高の1489.46で終えた。朝方に人員削減を発表したホームセンター大手のホーム・デポ、携帯電話大手スプリント・ネクステルなどが上げ、相場を下支えした。
 約7000人の削減を発表したホーム・デポ、約8000人を削減するスプリントに買いが入った。追加増資の必要性を否定した英金融大手バークレイズが急騰し、米金融株がつれ高したこともあり、午前中は買いが優勢だった。午前中ごろに発表された昨年12月の中古住宅販売件数が市場予想を大幅に上回ったことも、住宅株を中心に買いを誘った。製薬大手ファイザーが同業のワイスを買収すると発表。M&A(合併・買収)が再び出始めれば、株式市場への資金流入が増加するとの期待感も買いを誘った。
 ただ業績懸念は引き続き相場の重しとなった。朝方に決算と併せて厳しい業績見通しを示した建設機械大手キャタピラーが8%安。ファイザーは大幅減益に加え売上高見通しが市場予想を下回ったこともあり、10%安となった。午後にかけて金融株が下げたことも重しとなり、相場は下げに転じる場面があった。
 ダウ平均が心理的な節目である8000ドルに近づくと買いが入りやすくなるうえ、オバマ新政権の追加景気対策への期待感などもあるといい、引けにかけては再び持ち直した。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約12億6000万株(速報)。ナスダック市場は約18億4000万株(同)。業種別S&P500種株価指数(全十業種)では、「公益」など七業種が上昇。「金融」などが下げた。
 ホーム・デポは大幅高。スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最上級の格付けを据え置くと発表したゼネラル・エレクトリック(GE)も高い。決算で一株利益が市場予想を上回ったマクドナルドも高く終えた。シティグループが投資判断を引き上げた住宅建設大手のレナーは14%上昇した。バークレイズは66%高だった。
 一方、ワイスが下落。日中に追加で2000人を人員削減すると報じられた自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)も売られた。

ダウ工業株30種(ドル)
終値:8116.03 前日比:38.47
始値:8078.04 高値:8231.68 安値:8023.16
年初来高値:9088.06 年初来安値:7909.03

ナスダック総合指数
終値:1489.46 前日比:12.17
始値:1479.23 高値:1514.24 安値:1470.82
年初来高値:1665.56 年初来安値:1434.21

S&P総合500種指数
終値:836.57 前日比:4.62
始値:832.50 高値:852.53 安値:827.69
年初来高値:943.85 年初来安値:804.30

米30年国債 3.376% 米10年国債 2.641%

「シカゴ日経平均先物(CME)」(26日)
MAR09
O 7675(ドル建て)
H 7990
L 7675
C 7885 大証比+295(イブニング比+145)
Vol 13830

O 7710(円建て)
H 7890
L 7650
C 7780 大証比+190(イブニング比+40)
Vol 20446
  • はてなブックマーク
  • Twitter
  • Facebook

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://nikkei225kuroiwa.blog.fc2.com/tb.php/2881-261e0997
Listed below are links to weblogs that reference
米国株、ダウ反発 人員削減発表でホームデポ上昇、キャタピラー大幅安 from 株式市場と経済ニュース

Home > 米国株式市場 > 米国株、ダウ反発 人員削減発表でホームデポ上昇、キャタピラー大幅安

リンク

管理者ページ

スポンサードリンク
証券口座開設
ブログランキング
  • にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報
  • 人気ブログランキング
カウンター

この日記のはてなブックマーク数

↑ページの先頭へ